「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」の日本国内ユーザーが1700万人を突破

 

「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」の日本国内ユーザーが1700万人を突破

KLab株式会社株式会社ブシロードが共同開発したスマートフォン向けアイドル育成リズムゲーム「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」(iOS/Android)の日本国内ユーザーが7月26日に1700万人を突破した。

「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」の日本国内ユーザーが1700万人を突破

「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」は、テレビアニメ「ラブライブ!」を題材としたアイドル育成&リズムゲーム。シナリオを読み進める「ストーリーパート」とリズムアクションを楽しむ「ライブパート」の2つで構成されており、ストーリーパートを読み進めることでライブパートでプレイできる楽曲が解放され、ライブクリアなど条件を満たすことでストーリーの続きが解放されるなど両パートが連動しているのが特徴となっている。両社では本作の海外展開にも注力しており、英語版や中国語版(繁体字/簡体字)、韓国語版もリリースされている。
両社では今回の国内1700万ユーザー突破を記念し、8月1日(月)より7日間、特別ログインボーナスとしてラブカストーンを毎日1個、計7個プレゼントするキャンペーンを実施する。また、7月26日(火)〜8月8日(月)までの期間中、JR山手線の車体広告にスクールアイドル「Aqours」のPOPを掲示している。

「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」の日本国内ユーザーが1700万人を突破

(c) 2013 プロジェクトラブライブ! (c) 2016 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!! (c) KLabGames ©bushiroad All Rights Reserved.

ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル official illustration book (3)
ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル official illustration book (3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket