アプリ ゲーム ニュース

“ジビエ料理” がテーマのスマホゲーム「ハントクック」の料理を完全再現 宮下企画の飲食店がゲームのメニューを実食できるキャンペーンを開催

投稿日:

“ジビエ料理” がテーマのスマホゲーム「ハントクック」の料理を完全再現 宮下企画の飲食店がゲームのメニューを実食できるキャンペーンを開催

株式会社SELECT BUTTONが、スマートフォン向け狩猟&料理シミュレーションゲーム「ハントクック~狩りから始まるレストラン~」(iOS/Android)にて株式会社宮下企画が運営する飲食店「パンとサーカス(新宿三丁目)」「米とサーカス(高田馬場)」「肉屋カーニバル(下北沢)」とコラボレーション企画を行うと発表した。

「ハントクック」は、野性の獲物をハンティングして野生肉を集め、それを素材にして様々な”ジビエ料理”を作ってお客さんに振るまい、自分のレストランを運営するシミュレーションゲーム。ゲーム内で解体方法のレクチャーや狩猟肉の味のレポートを見ることができ、ゲームを通して狩猟のリアルを知ることができる。
SELECT BUTTONでは6月8日~7月31日までの期間限定で、ゲーム内に登場する〈カラスのミートパイ〉〈イノシシ丼〉など全7品の料理を宮下企画の飲食店で再現し実際に来店客に提供するコラボ企画を実施する。またメニュー注文時に「ハントクック」のアプリ画像を見せると限定ステッカーがもらえる特典もあるという。メニューなど概要は以下のとおり。

〈カラスのミートパイ〉
カラス肉とホクホクのじゃがいもを詰め込んだミートパイ。
一口食べるとジューシィでコクのある肉汁が広がります。
3500円(1日限定5食) 実施店舗:パンとサーカス
“ジビエ料理” がテーマのスマホゲーム「ハントクック」の料理を完全再現 宮下企画の飲食店がゲームのメニューを実食できるキャンペーンを開催

〈イノシシ丼〉
イノシシのおいしい脂身とてりっとしたソース、とろとろの卵の三重奏。
豚丼にはない深いコクです。
1400円 実施店舗:米とサーカス
“ジビエ料理” がテーマのスマホゲーム「ハントクック」の料理を完全再現 宮下企画の飲食店がゲームのメニューを実食できるキャンペーンを開催

〈兎のロワイヤル〉
うさぎ1羽を丸ごと活かした、とっても手の込んだフランス料理。
ウサギの骨から取った出汁と赤ワインのソースで仕上げました。
2600円(1日限定3食) 実施店舗:パンとサーカス/肉屋カーニバル

〈鹿肉のスモーク山椒風味〉
しっかり燻製された鹿肉。
さっぱりとした赤身肉のコクに鼻から抜ける山椒の香りがクセになります。
1100円 実施店舗:パンとサーカス/肉屋カーニバル

〈ジビエ麻婆豆腐〉
あら挽きの鹿肉と大きめにカットされた豆腐の、栄養満点な一品。
汗がふき出るような辛さです。
900円 実施店舗:米とサーカス

■実店舗の人気メニュー「ワニ」が、ゲーム内に新登場
コラボレーションを記念し、3店舗の共通人気メニューである
〈ワニのカルパッチョ〉〈フライドワニ手羽〉がゲーム内に逆輸入で登場。
ハントする"えもの"としても「ワニ」が新しく仲間入りします。

〈ワニのカルパッチョ〉
透き通るようなワニ肉のカルパッチョです。一見お魚のように見えますが、
一口食べると、魚とは違う濃厚な旨味に驚き、ハッとするでしょう。
800円 実施店舗:パンとサーカス/肉屋カーニバル

〈フライドワニ手羽〉
スパイシーに仕上げたワニの手羽先。骨から身がポロッと大きくはがれ食べやすいです。
ワイルドにワニの手をにぎりながらいただきます。
2500円(1日限定3食) 実施店舗:米とサーカス

“ジビエ料理” がテーマのスマホゲーム「ハントクック」の料理を完全再現 宮下企画の飲食店がゲームのメニューを実食できるキャンペーンを開催
実店舗の人気メニュー「ワニ」が、ゲーム内に新登場!!

■狩り~解体シーンのリアル映像を公開
猟師による鹿の解体をパンとサーカスで実施し、ハントクックコラボ特設サイトで
6/15よりドキュメンタリー映像として公開。
ゲーム内のアニメーション解体シーンを現役のハンターが本物の鹿で行い、狩猟の注意点や、
解体レクチャー、害獣被害や昨今のハンター事情、そして命をいただく事に対する
感謝の気持ちなどを掘り下げてユーザーに知ってもらう試み。

出演:猪鹿庁
三島英巳(猪鹿庁・ジビエ課所属の猟師。ハム・ソーセージ職人(当日の解体担当))
安田大介(猪鹿庁・広報課所属の猟師)
岐阜県郡上市の里山保全組織。「猟師こそが里山保全者である!」という理念のもとに15名ほどで活動をしている若手猟師の任意団体。平均年齢は約33歳。
狩猟と猟師育成を行う捜査一課、天然のお肉を美味しくいただくためのジビエ課、猟のフィールドである里山を育てる山育課、獣害対策の実践・検証を行う研究課、狩猟学校等のイベント企画運営や郡上の猪のブランド化を目指す広報課など、6つの課によって猟師の六次産業化を目指している。
http://inoshika.jp/
“ジビエ料理” がテーマのスマホゲーム「ハントクック」の料理を完全再現 宮下企画の飲食店がゲームのメニューを実食できるキャンペーンを開催
猪鹿庁
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
試食&取材会を6/7(火)に実施
コラボメニューの試食&現役ハンターによる鹿の解体を行います。
13時半〜15時半 パンとサーカス(新宿三丁目)にて
ご取材いただけるメディア関係者様には、実際の料理を御試食いただける取材会へご招待いたします。
6月3日(金)迄に下記の問い合わせ先へお申込みをお願い致します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コラボ特設サイト:http://huntcook-pancircus.selectbutton.jp/

-アプリ, ゲーム, ニュース
-, , , ,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.