アプリ イベント ゲーム ニュース

レッドクイーン、5/7に渋谷ヒカリエにて第一弾タイトルの3Dランゲーム「Red Queen」のリリース記念イベント「The Missing Red Queen」を開催

投稿日:

レッドクイーン、5/7に渋谷ヒカリエにて第一弾タイトルの3Dランゲーム「Red Queen」のリリース記念イベント「The Missing Red Queen」を開催

株式会社レッドクイーンが、同社の第一弾タイトルとなるスマートフォン向け3Dランゲーム「Red Queen」(iOS/Android)のリリースを記念して、2016年5月7日(土)に渋谷ヒカリエにて記念イベント「The Missing Red Queen ザ ミッシング レッド クイーン」を開催する。

レッドクイーン、5/7に渋谷ヒカリエにて第一弾タイトルの3Dランゲーム「Red Queen」のリリース記念イベント「The Missing Red Queen」を開催

「Red Queen」は同社の提供第一弾タイトルで、ルイスキャロル原作の「鏡の国のアリス」の世界にスチームパンクテイストを融合させたランゲーム。プレイヤーは様々なコースを走って逃げ回る「アニマル」を捕まえ、鏡の国で起きている異変を解き明かしていく。
今回のイベントは、3Dランゲーム「Red Queen」の世界観を、フリースタイルバスケットボールの世界的パフォーマー・ZiNEZ(ジンジ)をはじめ、人気パフォーマーやダンサー、振付家たちの手によって再現するもの。さらに、ニューヨークで活躍するサウンドクリエーターとシンガーを誘致し、坪田義史監督監修の抽象映像をバックに、音楽・映像・ダンスパフォーマンスが融合したエンターテイメントショーを展開する。開催概要は以下のとおり。

■イベント概要
タイトル: The Missing Red Queenザ ミッシング レッド クイーン
日程  : 2016年5月7日(土)
会場  : 渋谷ヒカリエ 9階ホールA(東京都渋谷区渋谷2丁目21-1)
入場料 : 無料(優先入場チケットあり)
開催時間: (1) 昼公演 14:00~15:00
開場 13:00/開演 14:00/オープニング 14:05/終演 15:00
(2) 夜公演 18:00~19:00
開場 17:00/開演 18:00/オープニング 18:05/終演 19:00
※公演冒頭に5分間ほど、ゲーム『Red Queen』の説明を行います。
注意事項: (1) 学生限定のイベントとなります。
(2) 各公演の定員数は700名となります。
※定員数に達しましたら、入場制限を行います。
(3) ダウンロード済みのアプリ『Red Queen』を必ず提示して
いただきます。
URL   : http://aliceinc.co.jp/lp/

■出演アーティスト
<ZiNEZ(ジンジ) パフォーマー>
1990年生まれ。2004年、バスケットボール選手を目指しカナダへ。そこでフリースタイルバスケットボールを始め、2008年、2009年に日本で行われた、同種目の日本一決定戦において史上最年少優勝と初の連覇を成し遂げる。海外のバスケットボールショーのほか、国内でタレント・モデルなど多岐にわたって活躍する。

<Seishiro 振付家>
JAZZの要素とFunkyな振りつけを融合したJAXX FUNKにおいて、退廃的かつ妖美な世界観が評価されている。振付コンテスト「Legend Tokyo Chapter.4【EAST大会】2014」優勝。「Legend Tokyo Chapter.5 横浜アリーナ記念大会」2015年優勝。
PVやCM、TVなど数多くのアーティストのバックアップダンサーとして出演し、E-girls、きゃりーぱみゅぱみゅ、玉置成実、SOULHEAD、MAAなどの振付を担当。オリジナリティ溢れるSTYLEで活動中。

<s**t kingz ダンスチーム>
2007年10月結成。shoji、kazuki、NOPPO、oguriの4人によるダンスチーム。アメリカ・カリフォルニアで開催されたダンスコンテスト「BODY ROCK」において、2010年・2011年と2年連続優勝。2013年には、初の単独公演となる「THIS SHOW IS s**t」を開催。初演チケットは発売30分でソールドアウトとなり、再演を含め延べ5,000人以上の動員を記録。2015年にはフィリピンで短編作品を公開、さらには音楽フェス「a-nation」に出演。10カ国を廻るヨーロッパツアーをはじめ、世界各地でワークショップやパフォーマンスを行っている。

<suminami ダンスチーム>
2014年結成。sumireと美波からなるダンスチーム。JAZZ、HIPHOP、CONTEMPORARYなど様々なジャンルを織り交ぜ、そして破壊しながら独特な切り口で表現するそのスタイルは、もはや新ジャンルといえるほど完成度が高い。シュールで時にコミカルな動きは、スルメイカのように後を引き、癖になる味わい。得意な動きはガニマタ。好きな角度はナナメ。

<杉野希妃 女優>
1984年広島県出身。慶應義塾大学在学中にソウルに留学、2005年に韓国で映画デビュー。2010年に主演兼プロデュースした『歓待』で、ヨコハマ映画祭の最優秀新人賞等を受賞。2012年『おだやかな日常』で日本映画プロフェッショナル大賞の新進プロデューサー賞等を受賞。ロッテルダム映画祭など国内外18ヶ所の映画祭等で審査員を務めている。
2011年に東京国際映画祭で、2013年に台北映画祭で杉野希妃特集が組まれる。2014年、監督兼主演兼プロデュース作『マンガ肉と僕』が東京国際映画祭アジアの未来部門で上映され、監督第2作『欲動』が釜山国際映画祭で新人監督賞を受賞。2016年監督兼主演作『雪女』を撮影。

-アプリ, イベント, ゲーム, ニュース
-, , , ,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.