VR ニュース

MMD研究所、「VRに関する意識調査」の結果を発表

投稿日:

モバイルマーケティングデータ研究所(以下MMD研究所)が、4月22日~4月27日に15歳以上59歳以下の男女2,204人を対象に「VR(バーチャルリアリティー)に関する意識調査」を実施し、その結果を発表した。

まず対象者に「VRについて、考えに近いもの」を聞いたところ、「VRという言葉は、まったく知らなかった」が35.3%で最多となり、続いて「VRデバイス(ヘッドセット、ゴーグル)についても知っているが、興味がない」が21.0%、「VRデバイス(ヘッドセット、ゴーグル)についても知っていて、興味もある」が20.7%となり、まだ知らない人が多いことが明らかとなった。

MMD研究所、「VRに関する意識調査」の結果を発表

これを認知から購入までのファネルで表すと、「認知」64.7%、「商品認知」45.4%、「商品興味」24.4%と続き、実際の「購入・予約」まで至っているのは3.7%という結果となった。

MMD研究所、「VRに関する意識調査」の結果を発表

次に、VRについて知っていると回答した男女1,426人に対し「VRと聞いて最もあなたのイメージに近いもの」について聞くと、「まるでその場にいるような体験ができる」が39.2%で最多となり、「3Dの迫力ある映像が楽しめる」が32.3%と続いた。

MMD研究所、「VRに関する意識調査」の結果を発表

さらに、VRデバイスに興味のあると回答した男女457人に対し「VRデバイスでやってみたいこと」を複数回答で聞いてみたところ、「臨場感のある3Dゲームの体験」が63.2%で最多となり、続いて「車や飛行機などを運転する体験」が50.3%、「観光地に訪れたかのような体験」が48.6%となり、ゲームへの期待度が高いことが分かった。

MMD研究所、「VRに関する意識調査」の結果を発表

VRデバイスに興味のあると回答した男女457人に対し「VRデバイスで知っている製品」について複数回答で聞いてみると、「PS VR」が最多で47.7%となり、続いて「Galaxy Gear VR」が26.7%、「Oculus Rift」が25.2%となった。

MMD研究所、「VRに関する意識調査」の結果を発表

続いて、ひとつでもVRデバイスを知っていると回答した人(N=282)を対象に、認知しているVRデバイスについてそれぞれ購入意向を聞いてみると、「PS VR」が41.5%、続いて「Oculus Rift」が13.8%、「Galaxy Gear VR」が10.6%、となった。

MMD研究所、「VRに関する意識調査」の結果を発表

なお、この調査の全設問のデータ及び回答者の属性は、MMD研究所へ会員登録後にダウンロードすることができる。概要は以下のとおり。

「VR(バーチャルリアリティー)に関する意識調査」
・ 調査期間:2016年4月22日~4月27日
・ 有効回答:2,204人
・ 調査方法:インターネット調査
・ 調査対象:15歳以上59歳以下の男女
・ 設問数:5問
・ 販売価格:10,000円(税抜)※CSV全ロウデータになります。
・ 申込方法:https://mmdlabo.jp/contact/
にてご連絡ください。

詳細はこちら
https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1558.html

デジモノステーション 2016年 6月号 [雑誌]
デジモノステーション 2016年 6月号 [雑誌]

RICOH THETA パーフェクトガイド BOOK ONLY Version THETA S/m15両対応
RICOH THETA パーフェクトガイド BOOK ONLY Version THETA S/m15両対応

-VR, ニュース
-

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.