ニュース

オルトプラス、 VR、IoT、ブロックチェーンなど先端技術を研究する社内技術研究部門「オルトプラスラボ」を設立

投稿日:

オルトプラス、 VR、IoT、ブロックチェーンなど先端技術を研究する社内技術研究部門「オルトプラスラボ」を設立

株式会社オルトプラスが、2016年5月1日付けで社内に先端技術を研究する技術研究部門「オルトプラスラボ」を設立すると発表した。

オルトプラスは、これまでスマートフォン向けゲームアプリ事業を始め、オフショア開発事業やスタートアップ支援事業などを展開してきたが、その中においても、関係各所から新しい技術についての情報提供や人材育成を期待されることが多く、様々な取り組みを行ってきたという。そこで日本国内はもちろん海外も含めた企業や官公庁との連携による情報発信や協業促進を通して、次世代を担う人材の育成を行い、より新しいイノベーションの創出へ寄与していきたいとの考えから、技術研究部門として「オルトプラスラボ」を設立するとのこと。オルトプラスラボ設立にあたり、株式会社スクウェア・エニックス、株式会社ライブドア(現・NHNテコラス株式会社)において技術研究活動を指導し、国内のICT教育の推進に尽力してきた伊勢幸一氏が首席フェローに就任する。

■ 伊勢幸一氏 略歴
オルトプラス、 VR、IoT、ブロックチェーンなど先端技術を研究する社内技術研究部門「オルトプラスラボ」を設立

室蘭工業大学産業機械工学科卒。
機械メーカー、オープンシステム系SI事業者を経て1996年にスクウェア(現スクウェア・エニックス)に入社し、その後北米にてフルCGのハリウッド映画製作に参加。
2000年 PlayOnline/FF11プロジェクトに参画しシステムネットワークの統括を担う。
2005年、ライブドアに入社し技術部門の統括指導を行う。
2016年、オルトプラスラボ首席フェローに就任。

-ニュース
-

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.