AR ニュース

会津ラボ、歴史探訪ARナビアプリ「白石しろしろナビ」をリリース

投稿日:

会津ラボ、歴史探訪ARナビアプリ「白石しろしろナビ」をリリース

株式会社会津ラボが、株式会社インフォメーション・ネットワーク福島からの委託を受け、AR(拡張現実)技術を活用した宮城県白石市歴史探訪体験型アプリ「白石しろしろナビ」を開発しリリースした。ダウンロードは無料(iOS/Android)。

「白石しろしろナビ」は、白石城本丸御殿を3DCGで再現しスマートフォン上で観察・体験できるアプリ。大坂夏の陣から400年、さらに白石城開門20周年という節目の年を迎える宮城県白石市が観光事業の一環として提供するもので、敷地内に設置された立看板のARマーカーをアプリで読み取ると、端末の画面上に城の外観がARで表示される。立看板(ARマーカー)から内部へ入城して自由に移動しながら特徴ある部屋を見て廻る内観探検や、細部までリアルに再現した鎧や刀、銃などの装飾品を、実際の展示物では見ることのできない上下左右あらゆる角度から観察するなど、往時の白石城をARで体験できる内容となっている。また、同アプリには「指さしナビ機能」と「デジタルスタンプ機能」も搭載されており、端末のカメラで目の前の風景を映し出すと画面上に白石市PRキャラクター「ポチ武者ごじゅーろう」が現れて道案内をしてくれ、スタンプを集めながら城下の観光スポットめぐりや散策ができ、スタンプラリースポット近くでアイコンが点滅するお知らせ機能や、集めたスタンプと写真撮影する記念撮影機能も楽しめる。

-AR, ニュース
-, , , ,

Copyright© vsmedia , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.