アプリ ニュース

LINE、LINEキャラクターのライセンス管理業務を小学館集英社プロダクションから自社へ移管

投稿日:

LINE、LINEキャラクターのライセンス管理業務を小学館集英社プロダクションから自社へ移管

LINE株式会社が、株式会社小学館集英社プロダクションへ委託していたLINE公式キャラクターのライセンス管理業務を2016年4月1日(金)より自社へ移管した。

LINE公式キャラクターは、ブラウン、コ二ー、ムーン、サリー、ジェームズ、ジェシカ、レナード、エドワードや部長といった、LINEスタンプのオリジナルキャラクター。2011年10月4日のLINEスタンプ機能のリリースとともに誕生して以来、それぞれ特徴ある個性豊かなキャラクター性が支持され、LINE上のコミュニケーションにおいて多くのユーザーに利用されてきた。近年ではオフライン展開にも注力しており、公式キャラクターグッズショップ「LINE FRIENDS STORE」を原宿・ニューヨーク・中国など世界11カ国44店舗で展開し、商品数は5,000種類以上にものぼる。また、2016年3月にはテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」開業15周年を応援する「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 15周年リ・ボーン応援団」に就任するなど、スタンプに限らず様々なサービスや企業・ブランドとのコラボレーションにより、幅広いシーンで活躍している。
ライセンス管理業務においては、LINEキャラクターの展開領域を拡大すべく、2013年12月より、アニメーション制作などをはじめ、キャラクターの多角的な展開実績を保有するパートナーとして小学館集英社プロダクションへ委託してきた。以降、LINEキャラクターを主人公としたショートアニメ「LINE OFFLINE サラリーマン」やアニメ「LINE TOWN」の制作・放送をはじめ、コミック「キャラクタイムズ」の出版、「ユニクロ」とのコラボレーションによるグラフィックTシャツの販売などを行ってきた。
LINEでは、キャラクター事業の更なる加速・強化を目的にライセンス管理業務を自社にて行うとのこと。今後、監修業務の更なる効率化や各LINEキャラクターの特性やバックボーンを踏まえた最適な提案などを実現していくとしている。LINEキャラクター使用に関する問い合わせ窓口はこちら

LINE FRIENDS イラストパッド
LINE FRIENDS イラストパッド

LINE TOWN 顔チェンスタンプメーカー
LINE TOWN 顔チェンスタンプメーカー

-アプリ, ニュース
-

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.