イベントレポート レポート

【レポート】聖飢魔IIの日本武道館ミサ(ライブのようなもの)はプロジェクションマッピング分野からも注目されるべき

投稿日:

2月19日・20日、東京・日本武道館にて「地球デビュー30周年記念・期間限定再集結・大黒ミサ FINAL~地獄の再審請求控訴・上告~」が開催されました。

【レポート】聖飢魔IIの日本武道館ミサ(ライブのようなもの)はプロジェクションマッピング分野からも注目されるべき

聖飢魔II」とは、1985年にデビューし1999年に解散した日本のヘヴィメタル史を語るうえで絶対に欠かせない伝説的へヴィメタルバンドの一つです。”「悪魔教」を人間界に広く布教するために活動する悪魔によるバンド”というスタイルで、ファンを「信者」、アルバムを「大教典」、シングルを「小教典」、ライブを「ミサ」と称し、現在もそれを貫き通しています。どうしても容姿をはじめとする”ギミック”ばかりが注目されがちですが、ヴォーカルのデーモン閣下の歌唱力はもちろん、各構成員(メンバー)の高い演奏技術と多彩な音楽性、パフォーマンスは高く評価されており、解散後もYouTubeにアップロードされた動画などをきっかけに若者や海外のファンが続々と増え続けています。その証拠に、昨年夏より行われた地球デビュー30周年の再集結(再結成)ツアーでは合計8万人を動員。どの会場も参拝券(チケットのようなもの)は即ソールドアウトの激戦となり、ツアーファイナルとなる武道館ミサ2DaysはWOWOWでの生中継に加え、全国25館の映画館にてライブビューイングも実施されました。

【レポート】聖飢魔IIの日本武道館ミサ(ライブのようなもの)はプロジェクションマッピング分野からも注目されるべき

この武道館ミサ2Daysでは、従来の聖飢魔IIのミサにはなかった新たな演出が行われました。それはプロジェクションマッピングです。正直に言うと、最初にこの武道館ミサの概要を見たとき「いくら武道館2Daysでも参拝券代1万円は高いだろ」と思ってしまいましたが、実際にミサに参加して「参拝券代にはこのプロジェクションマッピングの鑑賞料も含まれていたんだな」と心底納得しました。まず驚いたのは、投影される映像コンテンツの一つ一つが演奏楽曲の歌詞に沿ったものだったことです。例えば、1888年にイギリスで発生した連続猟奇殺人事件がモチーフの「JACK THE RIPPER」という曲ではロンドンの街並みが浮かび上がり、「怪奇植物」という曲ではマリオシリーズのパックンフラワーを100倍凶悪にしたような花が蠢き、聖飢魔IIの名を一躍世に知らしめた代表曲「蝋人形の館」では怪しい洋館を目指して森の中を歩く一人称視点の映像が映し出され…ステージセットそのものは石壁と柱を模したかなりシンプルなデザインでしたが、そこに曲ごとにそれぞれ異なる映像コンテンツが投影されるのです。しかも、ステージセットの形状自体を生かし、かつ生演奏と照明演出にもリンクしているという気合の入りっぷり。これは聖飢魔IIの楽曲とステージの世界観を本当に理解していなければ実現できないでしょう。ちなみに後でTwitterで知りましたが、このプロジェクションマッピングを担当したのは株式会社ネイキッドとのこと。

これまでにもきゃりーぱみゅぱみゅやももいろクローバーZ、嵐、Pefumeなど国内でもライブにプロジェクションマッピングを取り入れた事例は多数ありますが、今回の聖飢魔IIの武道館ミサは2時間以上ほぼ全編プロジェクションマッピングを使いまくり、後半からは起業家向けイベント「Slush」で使われているようなレーザービーム演出まで加わるという豪華な内容でした。

こんな感じ↓
【Slush Asia】アフターパーティの盛り上がりがハンパない!フィンランドから来たスタートアップフェス「Slush Asia」ふんわり写真レポート(午後編)
※写真は2015年4月に開催された「Slush Asia」

メディアとしてではなく一般信者として普通に参拝券を買って入場したのでステージの写真を撮れなかったのが非常に残念でしたが、「聖飢魔II」「武道館」で検索すればステージ写真も掲載している音楽系メディアの記事がいろいろ出てくるのでそちらをご覧下さい。

特に印象的だったのは、「休憩時間」に至るまで完璧に演出が為されていたことです。前半、「FIRE AFTER FIRE」という曲で炎が燃え上がる映像が投影された後に10分間の休憩が挟まれたのですが、その間ずっとステージセットに燃え残りの火が燻っている映像が投影されていました。そして後半が始まる際に燻りからパッと火の粉が舞い上がって曲が始まる…ミサ(ライブ)本編だけでなく休憩時間も考慮したプロジェクションマッピング演出なんて前代未聞です。まあヘヴィメタル系のライブで間に休憩時間が挟まれること自体が前代未聞ですが、そこは察して下さい

このミサは音楽やエンタメの分野だけでなくテクノロジーやデジタルコンテンツの分野からも注目され、プロジェクションマッピングの活用事例として広く国内外に知られるべきイベントです。ということで是非後日DVD/Blu-rayとして発売またはどこかで配信して欲しいと思います。

【レポート】聖飢魔IIの日本武道館ミサ(ライブのようなもの)はプロジェクションマッピング分野からも注目されるべき

【レポート】聖飢魔IIの日本武道館ミサ(ライブのようなもの)はプロジェクションマッピング分野からも注目されるべき
そういえば外に飾られている花の中にニコ動からのがありました。

 

XXX -THE ULTIMATE WORST-
XXX -THE ULTIMATE WORST-

THE ULTIMATE BLACK MASS COMPLETE [Blu-ray]
THE ULTIMATE BLACK MASS COMPLETE [Blu-ray]

-イベントレポート, レポート
-, ,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.