ロボットスタート、MJIと業務提携し家庭向けコミュニケーションロボットの一般販売に向けた取り組みを開始

 

ロボットスタート、MJIと業務提携し家庭向けコミュニケーションロボットの一般販売に向けた取り組みを開始

ロボットスタート株式会社が、コミュニケーションロボットの企画、開発、販売を行う株式会社MJIと業務提携契約を締結した。

MJIは、家庭用コミュニケーションロボット「Tapia」「Type02」を開発している企業。既に2015国際ロボット展や米CES 2016などでデモ機を展示しており、一般発売前から大きな注目を集めている。
今回の提携により、今後2社の知見を合わせ、MJIロボットの市販化に向けて技術支援や開発環境整備を中心とした様々な取り組みを開始するという。まずはMJIロボットの開発環境を整備し、アプリディベロッパーに向けて公開することで、さらなるソフトウェアの充実を目指すとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket