ニュース

大阪大学研究グループ、「タッチで操作する投影型マジックハンド」の 開発に成功

投稿日:

大阪大学研究グループ、「タッチで操作する投影型マジックハンド」の 開発に成功

大阪大学 大学院基礎工学研究科の佐藤 宏介教授、岩井 大輔准教授らの研究グループが、手のCGモデルを室内にプロジェクションマッピングし、その像をタブレット端末へのタッチ操作によって動かすことで日常的な場面に応用できる身体拡張技術「ExtendedHand」を開発した。

大阪大学研究グループ、「タッチで操作する投影型マジックハンド」の 開発に成功

大阪大学研究グループ、「タッチで操作する投影型マジックハンド」の 開発に成功

この技術は、手のモデルを室内に投影し一般のタブレット端末で操作できるというもので、遠くのものに手が届くことによる新たなコミュニケーション支援や、本来手が届かない位置にあるセンサー搭載の家電や室内環境でも手の投影像で制御できるなど、IoTが流行していく社会での活躍が期待できるという。この研究成果は、2016年3月2日〜4日に東京・科学技術館にて開催される「情報処理学会シンポジウム インタラクション2016」に採択されており、3月4日にデモストレーションを行うとのこと。なお、ExtendedHandの専用サイトからこの技術を利用したWindowsタブレット向けアプリをダウンロードできる。

■発表概要
情報処理学会 インタラクション2016 インタラクティブ発表部門
(ブース:3C57,タイトル:タブレット駆動型身体拡張インタフェース ~スタンドアローン型ExtendedHand~)
http://www.interaction-ipsj.org/2016/program/interactive

-ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.