VR ニュース

画像に情報を追加する「ThingLink」、130万ドルを調達しVR事業に参入

投稿日:

画像に情報を追加する「ThingLink」、130万ドルを調達しVR事業に参入

画像にURLリンクや音声、動画、SNSなどの”導線”を加えられるサービスを提供するフィンランドのThingLinkが、支払いサービスのQIWIの創業者であるAndrey Romanenkoがリードする投資ラウンドにてInventure、Steelhead Ventures、Run Capitalらより計130万ドルを調達した。

ThingLinkは、手持ちの画像の好きな場所に外部サイトのリンクや動画、SNSのアカウントなど様々な情報を追加できるサービス。加工済みの画像をさらにFacebookやTwitterなど主要SNSへ投稿できる機能もあるほか、画像の表示回数やマウスオン回数、クリック回数のアナリティクスデータも確認できる。
同社では今回の資金調達に合わせ、360°VR画像/動画にも同様に各種情報を添付できるサービス「360° & VR EDITOR」のβ版の提供を開始した。添付した情報はPCやスマートフォン、VRヘッドマウントディスプレイのいずれからも見ることができ、通常サービスと同様にアナリティクスデータも提供される。

-VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.