カブクとランサーズ、クラウドソーシングによるものづくりプラットフォーム「クラウド3Dメーカー」をリリース

 

カブクとランサーズ、クラウドソーシングによるものづくりプラットフォーム「クラウド3Dメーカー」をリリース

株式会社カブクランサーズ株式会社が、クラウドソーシングによる個人の3Dデザイン技術を活かしたものづくりプラットフォーム「クラウド3Dメーカー」の運用を開始した。

カブクとランサーズ、クラウドソーシングによるものづくりプラットフォーム「クラウド3Dメーカー」をリリース

「クラウド3Dメーカー」は、企業や個人の「商品アイデアを素早くカタチにしたい」 「3Dデータ制作をプロに頼みたい」 「最適な工場を選んで、製造を頼みたい」 「データ制作からモノの製造まで、ワンストップ、安価で頼みたい」といったニーズに応えるための商品開発プラットフォーム。カブクは30カ国以上・数百工場におよぶ3Dプリンタを持つデジタル工場ネットワークを保有しており、本サービスではランサーズで製品の3Dデザインができるデザイナー会員を含む4千人のクリエイターを抱えている。今後両社はお互いのプラットフォームを活用し、法人、個人向けものづくりを支援していくとのことで、既にその第1弾事例として、「TOYOTA i-ROAD」への実験的提供と試験運用に取り組んでいるという。これは「i-ROAD」をより楽しめるよう3Dプリンタを活用したボディパーツやインテリアの一部の表面加工や色を選択するたけでなく、試乗パイロットのデザイン要望を全国のランサーズ登録者へクラウドソースし3Dデザイン化するというもので、カブクが提供するクラウド標準パッケージソフト「Rinkak MMS」を活用して全世界の3Dプリント工場で製品を製造し納品までを行ったとのこと。

カブクとランサーズ、クラウドソーシングによるものづくりプラットフォーム「クラウド3Dメーカー」をリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket