ニュース 仮想通貨

bitFlyer、ブロックチェーン・エンジェルファンドを組成 第1号案件としてシビラと資本・業務提携

投稿日:

bitFlyer、ブロックチェーン・エンジェルファンドを組成 第1号案件としてシビラと資本・業務提携

株式会社bitFlyerが、日本初のブロックチェーン事業の創出・育成支援を行う社内ファンド「ブロックチェーン・エンジェルファンド」を組成した。また、第1号案件としてシビラ株式会社と資本・業務提携を行った。

bitFlyerは創業以来ブロックチェーンに関する調査・分析・研究開発や、仮想通貨「Bitcoin」の取引・販売・買取・決済などが行える総合プラットフォームの運営を手がけている企業で、アジア・ヨーロッパ・米国への事業展開によりグローバル・ネットワークの構築を進めている。同社ではこれらのノウハウやネットワークを活かし、共に日本発のグローバル・ブロックチェーン事業を創出し成長させていくことを目的に下記5点の支援を想定したファンドを組成したという。

1. 資金調達:シードラウンド・創業資金を中心とした支援
2. 技術開発:当社のブロックチェーン関連ノウハウの共有による技術開発の支援
3. 海外展開:当社の海外拠点・ネットワークを活用し世界市場への展開を支援
4. 大手企業連携:当社とつながりのある大手企業のご紹介による大手企業との連携の支援
5. 投資家紹介:当社とつながりのある投資家のご紹介による資金調達の支援

同ファンドの第一号案件となるシビラは、IoTデバイスとブロックチェーンの連携アプリを簡単に作れるプラットフォーム「hublive」を開発する大阪拠点のスタートアップ。 「hublive」はBitcoinをはじめとするブロックチェーンを誰でも簡単に活用できる機能を備えており、bitFlyerのブロックチェーン関連ノウハウの共有や海外展開など多岐にわたるシナジーがあると考え今回の資本・業務提携に至ったという。

-ニュース, 仮想通貨
-,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.