やってみた コラム

【やってみた】マラリア撲滅を訴えるスマホ向け啓蒙アクションゲーム「Nightmare: Malaria」

投稿日:

【やってみた】マラリア撲滅を訴えるスマホ向け啓蒙アクションゲーム「Nightmare: Malaria」

マラリアは現代の日本人にとっては馴染みのない病気ですが、HIV、結核と並ぶ世界三大感染症の一つで未だに撲滅されておらず、全世界で約2億人が感染しています。この「Nightmare: Malaria」は、そんなマラリアの危険性をアクションゲームとして表現し撲滅を訴えるスマートフォン向け啓発ゲームです。開発したのは”テレビ番組のアカデミー賞”と言われているエミー賞の受賞経験もあるアニメーション制作会社のPsyopで、ゲーム冒頭のアニメーションのボイスはアカデミー賞女優のスーザン・サランドンが担当しています。

【やってみた】マラリア撲滅を訴えるスマホ向け啓蒙アクションゲーム「Nightmare: Malaria」
平穏な毎日を送る少女。しかし彼女の頭上には一匹の蚊が…

【やってみた】マラリア撲滅を訴えるスマホ向け啓蒙アクションゲーム「Nightmare: Malaria」
そう、彼女は蚊に刺されたことでマラリアに感染してしまったのです。

【やってみた】マラリア撲滅を訴えるスマホ向け啓蒙アクションゲーム「Nightmare: Malaria」
ゲームのステージは「Blood(血液)」と「Brain(脳)」の2種類があり、それぞれマラリアの仕組みや恐ろしさを退廃美をも感じさせる美麗なグラフィックで表現しています。Bloodステージを全てクリアしなければBrainステージに進めませんが、これはマラリアが血液中の赤血球に寄生し、脳内の血管に詰まり血流を阻害することで「脳マラリア」を併発することを表現したもの。ちなみに「脳マラリア」が発症すると意識低下や言語のもつれなどの神経症状が起こり、進行すると昏睡状態に陥り最終的には死んでしまいます。

【やってみた】マラリア撲滅を訴えるスマホ向け啓蒙アクションゲーム「Nightmare: Malaria」
基本的な内容は、血管の中を左から右へ進みゴールを目指すという横スクロールアクションゲームですが、ステージの種類によりジャンプして上下に移動することもあります。水の流れのようにゆる~く右に流される感覚がありますが、おそらくこれは血流を表しているのでしょう。操作方法はバーチャルパッドで、左のボタンをタップして移動し、右のボタンを連打してジャンプします。

【やってみた】マラリア撲滅を訴えるスマホ向け啓蒙アクションゲーム「Nightmare: Malaria」
各ステージ上にはテディベアが3個ずつ配置されており、血管が持つ弾力とジャンブを上手く組み合わせてこれをGETしながらゴールを目指します。

【やってみた】マラリア撲滅を訴えるスマホ向け啓蒙アクションゲーム「Nightmare: Malaria」
このティディベアは必ずしも全てGETしなければならないわけではなく、取りこぼしてもステージ自体はクリアできますが、一定数を集めないと先のステージに進むことができないので、簡単なステージではなるべく全部取るようにしましょう。

【やってみた】マラリア撲滅を訴えるスマホ向け啓蒙アクションゲーム「Nightmare: Malaria」
一番最初のステージはチュートリアルも兼ねているので簡単にクリアできますが、次からいきなり難易度が上がります。というのも最大の敵「蚊」が立ちはだかるから。万が一これに刺されると…

【やってみた】マラリア撲滅を訴えるスマホ向け啓蒙アクションゲーム「Nightmare: Malaria」
即死&ゲームオーバー
ゲームオーバーになるたび、「今日140万人がマラリアに感染します。そのうち1800人は死ぬでしょう」といったマラリアの危険性を示す様々な豆知識が表示されます。このゲームのよくできている点は、主人公の少女は一切蚊に反撃できないこと。できることと言えば、蚊に刺されないようにステージ中に置かれている蚊帳の中に逃げ込む、蚊に見つからないようにステージの端っこに隠れる、蚊が遠くに飛んでいくまで待つ、といった受け身の行動のみ。これはマラリアに有効なワクチンが未だに一般流通していない現状を表しているのでしょう。

【やってみた】マラリア撲滅を訴えるスマホ向け啓蒙アクションゲーム「Nightmare: Malaria」
また、蚊帳の中に入ってしまえばどんなに蚊が近くに来ても刺されることはないという演出は、マラリア予防には蚊帳が有効であることを示しています。

【やってみた】マラリア撲滅を訴えるスマホ向け啓蒙アクションゲーム「Nightmare: Malaria」
ステージを進むごとにトラップの種類が増え難易度が増していきます。蚊に刺されてもゲームオーバーですが、緑色に病変したところに触れても即ゲームオーバー。床(?)の弾力を活かして飛び跳ねたり、浮かんでいる赤血球(?)の上をテンポよく飛び移りながらティディベアを取っていきます。

【やってみた】マラリア撲滅を訴えるスマホ向け啓蒙アクションゲーム「Nightmare: Malaria」
下は病変、上は蚊、足場は赤血球のみという地獄としか言いようのないトラップ。蚊の進行方向、赤血球の弾力と位置、血流を上手く”読んで”移動しなければなりません。

【やってみた】マラリア撲滅を訴えるスマホ向け啓蒙アクションゲーム「Nightmare: Malaria」
この発光するキノコのようなものも病変トラップの一種です。血流に上手く乘ってすり抜けつつティディベアを取るのがコツです。

【やってみた】マラリア撲滅を訴えるスマホ向け啓蒙アクションゲーム「Nightmare: Malaria」
本作はダウンロード無料で課金要素もなく、広告も一切入らない太っ腹なタイトルですが、ステージをクリアした際に寄附を募るメッセージが表示されます。

難易度がかなり高くはっきり言って死にゲーですが、マラリアについての啓発ゲームなので敢えてそうしているのかもしれません。何度も繰り返しプレイすればそれだけマラリアの豆知識を目にすることになりますから。テキストは英語のみですが、非常に平易な文章ばかりなので特にプレイに問題はありません。またグラフィックやサウンドもハイクオリティで雰囲気ゲーとしても秀逸なタイトルです。気になる人は是非試してみて下さい。

iOS版はこちら

Android版はこちら

-やってみた, コラム
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.