ニュース

山形県、地方創生先行型交付金事業「シリコンバレー流 山形ものづくりイノベーション塾」の受講者を募集中 優秀チームはシリコンバレーに派遣

投稿日:

山形県、地方創生先行型交付金事業「シリコンバレー流 山形ものづくりイノベーション塾」の受講者を募集中 優秀チームはシリコンバレーに派遣

山形県が、起業意識の醸成と起業の促進を目的に、世界的研究開発機関「SRI International(旧スタンフォード研究所)」から研修講師を招いた起業塾「シリコンバレー流 山形ものづくりイノベーション塾」を開講すると発表した。現在、起業を目指す研究者や大学生、技術シーズをもとに新たな事業展開を目指す企業のマネジメント担当者や技術者など受講者10チームを募集している。

「SRI International」は、米シリコンバレーにある世界的な研究開発機関で、幅広い技術分野で世界最先端の研究開発を行い、数多くの革新的なイノベーションを創出している。過去にも手術支援ロボット「ダビンチ」、iPhone/iPad音声認識システム「Siri」の開発など30社以上のベンチャー企業を輩出した。日本の地方公共団体が同機関から講師を招き研修を行うのは今回が初の事例となる。研修内容及び募集要領は以下のとおり。

■研修内容
【ステップ1】
基礎研修:2016年1月18日~19日(2日間)
・イノベーションを起こすための5つの原則、ビジネスプランの
プレゼンテーション等、ワークショップ形式で学びます。

【ステップ2】
発展研修:2016年3月14日~18日(5日間)
・起業に向けた市場調査や顧客ニーズの分析、ビジネスプランの
明確化、投資家に対してのプレゼンテーション等、
ワークショップ形式で学びます。

【ステップ3】
海外研修:2016年8月(予定)
・米国シリコンバレーでの実践的な研修

■募集要領
【受講者募集期間】
2015年12月11日(必着)

【応募資格】
次のア~ウ(研究開発のみを目的とするものは除く)のいずれかに該当し、山形県内での起業(事業展開)や県内企業と連携した生産活動等、本県での事業活動を実施できる者。
ア 起業を目指している国内の大学・研究機関等に在籍する教員・研究員、大学院生、学部生等
イ 企業における技術シーズをもとに新たな事業展開を考えている経営者・技術者等
ウ スタートアップ段階にある技術系ベンチャー企業の経営者・技術者等

【募集内容】
ものづくり技術に関するもの

【募集数】
10チーム(原則として1チーム2人編成でマネジメント担当者と技術者のペアとする)

【参加費用】
研修参加費用は無料。
ただし、山形県での研修期間の宿泊費、交通費、食事代等は自己負担。

【応募方法】
応募申込書(※)に必要事項を記入のうえ、郵送、FAX、電子メール、持参のいずれかの方法で提出
※申込書ダウンロード URL
http://www.pref.yamagata.jp/ou/shokokanko/110002/srimousikomi.zip

【審査基準】
* 技術シーズの事業化の可能性が高いこと
* 顧客ニーズを意識したビジネスプランであること
* 将来性・実現可能性が高いこと
* 事業化に対する情熱・熱意を有していること
* 社会性を有していること
* 山形県内で事業活動を予定していること

*募集詳細ページ(山形県 ホームページ)
※受講者募集期間:2015年12月11日(必着)
http://www.pref.yamagata.jp/ou/shokokanko/110002/sri.html
*「シリコンバレー流 山形ものづくりイノベーション塾」チラシ
https://www.atpress.ne.jp/releases/82101/att_82101_1.pdf

-ニュース
-

Copyright© vsmedia , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.