3Dプリンタ ニュース

3Dプリント関連ビジネスを展開するカブク、グローバル・ブレインから約4億円を調達

投稿日:

3Dプリント関連ビジネスを展開するカブク、グローバル・ブレインから約4億円を調達

3Dプリンタを使ったデジタルものづくりプラットフォーム「Rinkak(リンカク)」を運営する株式会社カブクが、グローバル・ブレイン株式会社から約4億円の第三者割当増資を実施した。カブクは本ラウンドで総額約7.5億円の資金調達を計画しており、他に先立ちGBをリードインベスターとして資金調達を行ったという。

カブクは、個人や法人の作り手と3Dプリンタを保有する製造工場を繋いだものづくりマーケットプレイスである「Rinkak Marketplace」の運営を2013年から開始し、現在は3Dプリントで自動車のカスタムパーツ制作を行うトヨタ自動車株式会社との共同プロジェクト「OPEN ROAD KITCHEN」や株式会社ロフトとの共同プロジェクトである「ロフトラボ3Dフィギュアスタジオ」なども手掛けている。また、3Dプリンタ工場向けの基幹業務クラウドサービス「Rinkak 3D Printing Manufacturing Management Service(Rinkak 3D Printing MMS)」を今後本格展開する予定。同社では今回の調達資金により、開発体制とグローバル展開体制を強化し、デジタルものづくりプラットフォーム機能の強化を進めていくとしている。

-3Dプリンタ, ニュース
-

Copyright© vsmedia , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.