アプリ ゲーム ニュース

ヤマハとUnity Japan、Unity製アプリでVOCALOIDを歌わせられる開発キットを12月に公開

投稿日:

ヤマハとUnity Japan、Unity製アプリでVOCALOIDを歌わせられる開発キットを12月に公開

ヤマハ株式会社ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社(Unity Japan)が、ゲームエンジン「Unity」で開発されたコンテンツ内で「VOCALOID」の歌声合成エンジンをシームレスに利用できる統合開発環境「VOCALOID SDK for Unity」を12月(予定)にリリースすると発表した。

「VOCALOID SDK for Unity」では、別途制作された「VOCALOID」のシーケンスデータ(VSQ、VSQX)をもとに、ゲームやコンテンツ内で様々な表情の歌声を動的に生成することができる。合成に使用する歌声については、Unity Japanが提供する公式キャラクター「ユニティちゃん」のオリジナルボイスを両社で共同開発し、「VOCALOID SDK for Unity」にインポートして利用できる歌声ライブラリとして提供する予定とのこと。また、既存の「歌声ライブラリ」の追加も予定しているという。「ユニティちゃん」の歌声ライブラリは、制作されるコンテンツが「ユニティちゃんライセンス条項」に準拠することを前提に無償で提供する予定で、「VOCALOID SDK for Unity」は同ライセンス条項を参考に、特定の条件下で無償で利用可能なものとして提供する。

<『VOCALOID SDK for Unity』の概要図(予定)>
■システム構成 (予定)
・歌声合成エンジンは、プラットフォームごとのネイティブプラグインとして提供
・C# のインタフェースを介して歌声合成エンジンを利用可能
■対応予定バージョン
・Unity 5.0予定
■対応予定プラットフォーム
・Windows、Mac OS X、iOS
※順次追加予定

1ヤマハとUnity Japan、Unity製アプリでVOCALOIDを歌わせられる開発キットを12月に公開

-アプリ, ゲーム, ニュース
-, , , , ,

Copyright© vsmedia , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.