アプリ ニュース

LINE、Google Chrome向けWebアプリ版を公開

投稿日:

LINE、Google Chrome向けWebアプリ版を公開

LINE株式会社が、Google Chromeブラウザからメッセージングアプリ「LINE」が利用できるWebアプリをリリースした。対応OSはChrome、Windows、Mac、Linuxで利用は無料。

LINE、Google Chrome向けWebアプリ版を公開

Google Chrome版LINEは、現在提供しているPC版LINE(Windows/Mac対応デスクトップ常駐クライアント)と異なり、同一Googleアカウントを利用することで、一度インストールしてしまえば追加インストール不要で複数デバイスからLINEにアクセス・利用ができるWebアプリ。トーク機能やPCでの利用シーンを想定し、スクリーンキャプチャの撮影及び送信機能を搭載しており、最大1GBのファイル送受信も簡単・素早く行うことができる。さらに独自機能として、自分用にテキストや画像を整理して保存が可能な「メモ」機能もあり、自宅のPCで作成したToDoリストを学校や職場のPCで確認するといった利用が可能になる。
なお、Google Chrome版LINEでは、セキュリティ保護のため自動ログイン機能は提供しておらず、また、新たなデバイスでの初回ログイン時にはスマートフォン版LINEを使った本人認証が必須となる。音声・ビデオ通話機能やタイムライン機能は非対応となっている。ダウンロードはこちらから。

-アプリ, ニュース
-

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.