ゲーム ニュース

ケイブ、コロプラにて箱庭育成型ソーシャルゲーム「くにつく」を提供開始

投稿日:

ケイブ、コロプラにて箱庭育成型ソーシャルゲーム「くにつく」を提供開始

株式会社ケイブが、位置情報サービスプラットフォーム「コロプラ」にて箱庭育成型ソーシャルゲーム「くにつく」の提供を開始した。

ケイブ、コロプラにて箱庭育成型ソーシャルゲーム「くにつく」を提供開始

「くにつく」は、ケイブの看板タイトルの一つである「しろつく」をベースにした箱庭育成型ソーシャルゲーム。世界観を戦国時代から世界へ移し、ゲーム内にはマルコ・ポーロやフビライ=ハン、ピラミッドといった全世界&全時代の1250種類上の偉人や2000を超える建物が登場する。また、「コロプラ」と「くにつく」の特徴であるGPSによる「位置登録」機能が強化されており、移動した距離に応じて金貨や特産品ポイントなどの報酬がもらえたり、取得した位置情報でしか得られない貴重な特産品も取得することができる。
同社では今回のリリースを記念し、ゲーム内での位置登録で「迷い猫」が出現し、猫を保護すると限定偉人や猫建物が入手できる「迷い猫イベント」を開催している。

ケイブ、コロプラにて箱庭育成型ソーシャルゲーム「くにつく」を提供開始

(c)CAVE Interactive CO.,LTD.

-ゲーム, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.