AR ニュース

タカラトミーアーツ、AR対応のガチャシリーズ「松本人志 世界の珍獣 第1弾」を発売

投稿日:

タカラトミーアーツ、AR対応のガチャシリーズ「松本人志 世界の珍獣 第1弾」を発売

株式会社タカラトミーアーツが、サイバネットシステム株式会社が提供するAR(拡張現実)ソリューション「立体フィギュア認識ARアプリ」を採用したカプセル玩具(ガチャ)シリーズ「松本人志 世界の珍獣 第1弾」を発売した。

「松本人志 世界の珍獣 第1弾」は、タカラトミーアーツとタレントの松本人志さんが属する企画集団「おたんじょうびかい」とのコラボレーションにより作られた商品で、松本さんの頭の中だけに存在する架空の生物を具現化したカプセル玩具。サイバネットの「3次元立体形状認識」技術により、スマートフォン向けARブラウザアプリ「Junaio」(iOS/Android)を起動したスマートフォンのカメラをカプセル玩具そのものにかざすことで、想像上の生物だった「珍獣たち」の鳴き声が再生される仕組みとなっている。ラインナップは「ヤドゴリ」「ヘノトリ」「ニドアライグマ」「モヤシシ」「オトコマエイ」の全5種+「シークレット」1種。商品の詳細はこちら

タカラトミーアーツ、AR対応のガチャシリーズ「松本人志 世界の珍獣 第1弾」を発売

タカラトミーアーツ、AR対応のガチャシリーズ「松本人志 世界の珍獣 第1弾」を発売

タカラトミーアーツ、AR対応のガチャシリーズ「松本人志 世界の珍獣 第1弾」を発売

-AR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.