gloopsとグラニ、訴訟について協議・合意のもと和解が成立

 

gloopsとグラニ、訴訟について協議・合意のもと和解が成立

株式会社gloops株式会社グラニが、両社間での訴訟について協議・合意のもと和解が成立したと発表した。

gloopsは2013年6月に、グラニ及び元gloops社員でグラニ代表取締役である谷直史氏らに対し、グラニが2013年1月25日にリリースした「神獄のヴァルハラゲート」が、gloopsの「大連携!!オーディンバトル」と「大戦乱!!三国志バトル」のゲームシステムを無断で使用して作成したタイトルであるとし、営業機密情報の漏洩を理由とする不正競争防止法違反、知的財産権侵害を理由とする著作権法違反に対する差止め及び損害賠償を求める訴訟を東京地方裁判所に提起していた(過去記事はこちら)。一方、グラニもこの訴訟内容を「事実無根」と反論し、gloopsに対して営業妨害や名誉毀損を理由とする法的手続きも検討するとプレスリリースを発表した(過去記事はこちら)。
しかし今回無事に和解が成立。今後両社は相互プロモーションなどの連携を強化するとしており、その第1弾として5月27日〜6月10日までgloopsの「スカイロック(SKYLOCK)」(GREE版)と「神獄のヴァルハラゲート」のクロス・コラボレーションを実施する。この企画は、期間中にそれぞれのゲーム内で指定条件をクリアするとコラボ限定アイテムが入手できるというもの。各ゲームに5日間ログインすると、「神獄のヴァルハラゲート」ではコラボ限定Sレアカード「ネオバハムート」が、「スカイロック」では限定魔具「友情のぬいぐるみ」がそれぞれプレゼントされるほか、「スカイロック」ではコラボ期間のみプレイできるミニゲーム「マンモンを探せ!」が公開される。

神獄のヴァルハラゲート OFFICIAL ART WORKS
神獄のヴァルハラゲート OFFICIAL ART WORKS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket