VR イベント ニュース 仮想通貨

「デジタル通貨と仮想現実の未来」を語り合う デジタルガレージ、7/6-7に「THE NEW CONTEXT CONFERENCE 2015 TOKYO」を開催

投稿日:

「デジタル通貨と仮想現実の未来」を語り合う デジタルガレージ、7/6-7に「THE NEW CONTEXT CONFERENCE 2015 TOKYO」を開催

株式会社デジタルガレージが、7月6日〜7日に東京・虎ノ門でカンファレンスイベント「THE NEW CONTEXT CONFERENCE 2015 TOKYO」を開催する。

「THE NEW CONTEXT CONFERENCE 2015 TOKYO」は今年で11回目を迎えるカンファレンスイベントで、今年は「デジタル通貨」と「仮想現実」をテーマに、これらの技術が5年後、10年後にどのようなビジネスを生み出し、我々の生活を変えるかについて各界のキーマンが集い語り合う。なお、参加は応募先着順となっており、定員に達し次第締め切りとなる。開催概要は以下のとおり。

日時:2015年7月6日(月)9:30~18:00、7月7日(火)9:30~18:00
場所:Day1 虎ノ門ヒルズフォーラム メインホール(虎ノ門ヒルズ森タワー5階)
   Day2 虎ノ門ヒルズフォーラム ホールB(虎ノ門ヒルズ森タワー4階)
主催:株式会社デジタルガレージ
協賛:森ビル株式会社、株式会社カカクコム
定員:約400名
参加費:2日券 32,000円、1日券 18,000
     先行特別価格 2日券 25,000円、1日券15,000円(6月8日12:00まで)

■参加申し込み方法
下記公式プログラムサイトより、チケット購入ページをご確認ください。
公式プログラムサイト: http://ncc.garage.co.jp/ja/

■プログラム
Day1(7月6日):デジタル通貨の未来
  ・デジタル通貨とは何か
  ・デジタル通貨のトレンド
  ・法規制の最新動向
  ・スタートアップ企業の動向

  ・ブロックチェーンの可能性
  ・デジタル通貨の未来と課題

Day2(7月7日):仮想現実の未来
  ・インタラクティブメディアの未来
  ・人々の生活は仮想現実でどう変わるか
  ・最先端デジタルパフォーマンスの舞台裏
  ・ハードウエアの最新動向
  ・メディアアートと仮想現実
  ・仮想現実の未来と課題

■ゲストスピーカー(一部)
 Brian Forde(MIT Media Labビットコインイニシアティブ代表)、Joyce Kim(The Stellar Development Foundationエクゼクティブディレクター)、Peter Todd(ビットコイン開発者)、Jeremy Bonney(CoinDesk社CEO)、Jerry Brito(Coin Centerエグゼクティブディレクター)、Martine Niejadlik(元Coinbase社チーフコンプライアンスオフィサー)、斎藤 創 (創法律事務所弁護士)、Meg Nakamura(Shift社CEO)、Mario Gomez(Quoine社CEO)、加納 裕三(bitFlyer社CEO)、Roger Ver(ビットコイン関連投資家)、Roger Ver(ビットコイン関連投資家)、真鍋 大度(デジタルパフォーマー)、Chris Schmandt(MIT Media Lab Living Mobile Groupディレクター)、Misha Sra(MIT Media Lab Living Mobile Group研究員)、David Smith(Wearality社CEO)、Luis Blackaller(WEVR社クリエイティブディレクター)、武川 洋(ソニー社SIG準備室統括部長)、レイ・イナモト(稲本 零、AKQA社チーフクリエイティブオフィサー)、廣瀬 通考(東京大学先端科学技術センター教授)
※敬称略、順不同  ※全プログラムで日英同時通訳を行います。

-VR, イベント, ニュース, 仮想通貨
-,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.