バンダイナムコゲームス、「パックマン」などレトロゲーム17タイトルのIPをクリエイター向けに開放

 

amiibo パックマン (大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ)

株式会社バンダイナムコゲームスが、バンダイとナムコの統合10周年を記念し、バンダイナムコゲームスが所有するIPの一部を日本国内のクリエイター向けに解放するオープン化プロジェクトを4月下旬より開始すると発表した。

同プロジェクトでのオープン化対象タイトルは「パックマン」「ギャラクシアン」「ゼビウス」「マッピー」など全17タイトルで、通常の版権許諾とは異なりバンダイナムコゲームスによるキャラクター監修は行わず、簡易的な企画審査のみでコンテンツ利用が可能となる。利用者はスマートフォンアプリやブラウザゲーム、新規ネットワークデバイス分野への事業展開のアイデアなど、デジタルコンテンツの領域で広く活用できる。同社ではコンテンツ提供可能なプラットホーム・企画申請方法・ビジネスモデル等の詳細を決まり次第発表するという。オープン化対象タイトルは以下のとおり。

パックマン
ギャラクシアン
ゼビウス
マッピー
ギャラガ
ディグダグ
ドルアーガの塔
バトルシティ
スターラスター
バベルの塔
ワルキューレの冒険
スカイキッド
ドラゴンバスター
妖怪道中記
源平討魔伝
ワンダーモモ
ワギャンランド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket