3Dプリンタ ニュース

ドゥモア、Kickstarterから生まれた米M3D製3Dプリンタ「The Micro」を日本国内で販売

投稿日:

ドゥモア、Kickstarterから生まれた米M3D製3Dプリンタ「The Micro」を日本国内で販売

株式会社ドゥモアが、米M3Dが開発した個人向けデスクトップ3Dプリンタ「The Micro」を日本国内で販売すると発表し、その予約受付を開始した。

ドゥモア、Kickstarterから生まれた米M3D製3Dプリンタ「The Micro」を日本国内で販売

「The Micro」は、クラウドファンディングプラットフォームのKickstarterにて目標額を大きく上回る340万ドル(約4億円)もの開発資金を集めた3Dプリンタ。卓上小型サイズながら高性能でデザイン性も優れており。FDM(熱溶解積層)方式で様々な造形物を出力できる。
ドゥモアでは一般向けの販売分の予約注文を受け付けるとのことで、通常価格は6万円(税別送料込)だが、4月6日までに注文すると早割特価の5万円(税別送料込)で購入できる。現在ドゥモア・ショップにて予約を受け付けており、出荷時期は7月を予定しているという。スペックの詳細は以下のとおり。

特長
・コンパクト設計で抜群のスペース効率デザイン
・マイクロモーションチップによる自動平衡調整機能
・カーボンファイバー(炭素繊維)製フレーム
・5色から選べる本体カラー
・市販フィラメントロールも使用可能でランニングコストを低減
・新しいフィラメント材料であるカメレオンPLAにも対応
・交換可能なプリントベッド

仕様
造形方法:FDM(熱溶解積層)方式
造形材質:ABS/PLA/ナイロン/カメレオンPLA/HIPS
造形材料:市販1.75mm標準フィラメントロール/独自フィラメントロール
縦横(XY)精度:15ミクロン
積層(Z)精度:50~350ミクロン
基礎造形サイズ:113(W)×109(D)×74(H)ミリ
最大造形サイズの高さ:116(H)ミリ(最大91(W)×84(D)ミリ)
造形ベッドサイズ:128×128ミリ
本体サイズ:18.5×18.5×18.5センチ(立方体)
本体重量:1キロ
本体カラー:ブラック/シルバー/ブルー/グリーン/オレンジ
対応パソコン:Windows/Mac/(Linux対応予定)
接続:USB
付属アプリ対応ファイル形式:STL/OBJ
保証:90日保証(初期不良交換、無料修理、無料交換対応。保証期間終了後は有償。)

ドゥモア、Kickstarterから生まれた米M3D製3Dプリンタ「The Micro」を日本国内で販売

鉄道模型3Dプリンタガイド (NEKO MOOK)
鉄道模型3Dプリンタガイド (NEKO MOOK)

2040年の新世界: 3Dプリンタの衝撃
2040年の新世界: 3Dプリンタの衝撃

-3Dプリンタ, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.