AR ニュース

東海テレビ、AR技術を利用して作品を鑑賞する「ARアートミュージアム~動き出す不思議な絵~」をオープン

投稿日:

東海テレビ、AR技術を利用して作品を鑑賞する「ARアートミュージアム~動き出す不思議な絵~」をオープン

東海テレビ放送が、テレピアホールにてAR技術を利用して作品を鑑賞する「ARアートミュージアム」をオープンした。開催期間は5月10日(日)まで。

「ARアートミュージアム」は、パネルや立方体に描かれた絵画に専用アプリをインストールした携帯端末をかざして鑑賞する展覧会。携帯端末を通して絵画を見ると、その一部または全体が変化し、絵画に描かれたものが動き出したり、描かれていないものが見えてくる。名古屋での展覧会は今回が初となり、世界初披露の作品もある。作品制作は、国内だけでなく海外でも高い評価を受けている赤松正行+ARARTプロジェクト。赤松正行氏は岐阜県大垣市の情報科学芸術大学院大学(IAMAS)の教授で、岐阜から最先端の技術とアートを発信している。会場では、専用アプリをインストールした携帯端末を無償で貸し出しているので誰でも作品を鑑賞できる。

-AR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.