VR アプリ ニュース

段ボール製のVRビューワーのハコスコ、ANRIより3000万円を調達 博報堂とも提携

更新日:

段ボール製のVRビューワーのハコスコ、ANRIより3000万円を調達 博報堂とも提携1 段ボール製のVRビューワーのハコスコ、ANRIより3000万円を調達 博報堂とも提携2

段ボール製のスマートフォン向けVRビューワーの開発を手がける株式会社ハコスコが、投資ファンドのANRIを割当先とする3000万円の第三者割当増資を実施した。

ハコスコは、VR機器をユーザーが手軽に入手・体験できるよう段ボール製のビューワーとスマートフォンアプリを開発・提供している企業。今年7月末にサービスを開始して以降、VRビューワーの出荷台数は開始5ヶ月で4万件を突破しているほか、オリジナルプリントを施したハコスコは企業のプロモーションとしても活用されており、ポニーキャニオン、朝日新聞出版、Unity Japanなどに採用されている。同社では今回の資金調達により、人材採用やサービス開発、マーケティング活動を進めて事業拡大を行っていくとのこと。
なお、株式会社博報堂及び株式会社博報堂プロダクツとも業務提携を行い、企業のマーケティングに活用するソリューション開発を共同で開始した。その第1弾として、「ハコスコ」と個人のスマートフォンを活用したVR体験ソリューション「スマホVRソリューション」を提供する。同サービスの特徴は以下のとおり。

特徴1 手軽で配布可能なビューワー「ハコスコ」を活用
安価で手軽にVRの没入体験ができるダンボール製スマホVRビューワー「ハコスコ」を活用するため、高価なヘッドマウントディスプレイやPCが不要です。また、ハコスコ本体への印刷(下図参照)も可能なため、企業仕様のデザインにカスタマズでき、ノベルティや付録としてクライアントへの配布も可能です。(2014年グッドデザイン賞受賞)
段ボール製のVRビューワーのハコスコ、ANRIより3000万円を調達 博報堂とも提携

特徴2 スマホVRによる戦略的なプロモーションの提案
プロモーション戦略としてスマホVRをどのように活用していくべきか、企業のニーズ、情報戦略を理解した上でのスマホVR活用プランニングを提供します。VRを最適な形でマーケティングに落とし込むためのプランニング、シナリオ設計をいたします。

特徴3 ハードからソフトまで、ワンストップで提供
ビューワーおよびVR映像コンテンツの企画・制作から、コンテンツ配信、アプリ等の開発まで、スマホVR体験に必要な全てをワンストップで提供可能。全天球(上下左右全方位の360度)パノラマ撮影、ユーザーの動きと連動した3軸映像処理も経験とナレッジを持ったチームが対応いたします。

xReality (週刊朝日Mook)
xReality (週刊朝日Mook)

ハコスコ
ハコスコ

-VR, アプリ, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.