アプリ ゲーム ニュース

インドネシアのTouchten、Kickstarterにて新作スマホゲーム「Target Acquired」の開発資金を調達成功

投稿日:

インドネシアのTouchten、Kickstarterにて新作スマホゲーム「Target Acquired」の開発資金を調達成功

インドネシアのスマートフォン向けゲームディベロッパーのTouchtenが、クラウドファンディングプラットフォーム「Kickstarter」にて最新作「Target Acquired」の開発プロジェクトを公開し、開発資金の調達に成功した。最終的に目標額の2倍以上の金額が集まったという。

インドネシアのTouchten、Kickstarterにて新作スマホゲーム「Target Acquired」の開発資金を調達成功2

インドネシアのTouchten、Kickstarterにて新作スマホゲーム「Target Acquired」の開発資金を調達成功3

Touchtenは2009年にインドネシアのジャカルタに設立されたスタートアップ。CEOのAnton Soeharyo氏はかつて早稲田大学に留学した経験を持つ知日家で、それを反映してか「Sushi Chain」や「Ramen Chain」など日本風のゲームタイトルを数多く提供している。2013年8月にはサイバーエージェントベンチャーズから出資を受け、2014年2月には株式会社クオンと業務提携を行っている。
「Target Acquired」は「猫とネズミの追いかけっこ」をモチーフとした日本テイストのフル3Dのランニングアクションゲーム。日本の”Police Cat”な女の子が世界征服を企む悪の”Cyborg Mouse”を捕まえようと追いかけるという内容で、コンセプトは「ロックマン meets Temple Run」とのこと。開発には日本人も参加しており、デザインコンサルタントを元スクウェア・エニックス インドネシア支社CEOの照屋遼氏が担当し、音楽を「ロックマン」シリーズや「ダービースタリオン」シリーズの楽曲を手がけた松前真奈美氏が担当する。Kickstarterでの当初の調達目標金額は当初1万ドル(約118万円)だったが、最終的に2万470ドル(約242万円)が集まった。既に開発は進んでおり、プロジェクトページにて新たなアートワークが公開されている。

インドネシアのTouchten、Kickstarterにて新作スマホゲーム「Target Acquired」の開発資金を調達成功4

-アプリ, ゲーム, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.