イベントレポート レポート

【TGS2014】今年も個性的な作品が揃ってます---神奈川工科大学、バーコードハゲをスキャンする計算ゲーム「はげピッ!!ピッ!!」などを出展中

更新日:

昨年、学生作品でありながら待機列ができるほど話題となった”青森県がねぶたのリズムで北海道をボコ殴りする”リズムゲーム「アオモリズム」を覚えていますか?

参照:
【TGS2013レポート】青森県がねぶたのリズムで北海道をボコ殴りする音ゲー「アオモリズム」

こんなブッ飛んだ発想のゲームを作る神奈川工科大学、今年も絶対に何か面白いことをやっているに違いない!と思い同校のブースを見に行ったのですが、やはりありました。

【TGS2014レポート】今年も個性的な作品が揃ってます---神奈川工科大学、バーコードハゲをスキャンする計算ゲーム「はげピッ!!ピッ!!」などを出展中1
これはバーコードハゲのおっさんの頭をバーコードリーダーでスキャンすることによって足し算をする計算スキャンアクションゲーム「はげピッ!!ピッ!!」です。「バーコードハゲをバーコードリーダーでスキャンする」という鉄板ネタをそのままアーケードゲーム風にした見た目が最高過ぎ!もちろんおっさん達の造型も生徒さん自身の手作りです。

【TGS2014レポート】今年も個性的な作品が揃ってます---神奈川工科大学、バーコードハゲをスキャンする計算ゲーム「はげピッ!!ピッ!!」などを出展中4

【TGS2014レポート】今年も個性的な作品が揃ってます---神奈川工科大学、バーコードハゲをスキャンする計算ゲーム「はげピッ!!ピッ!!」などを出展中2
本作は、画面左に表示されている金額ピッタリになるようにそれぞれ金額が設定されているバーコード頭をスキャンして足し算するゲーム。例えば問題が「100円」だとすると、「20円」「70円」「10円」の頭にバーコードリーダーを当てていきます。写真では最初からピッタリ100円になるような金額が表示されていますが、当然”ひっかけ”となる金額が表示されることもあり、問題自体は簡単ながら瞬発力が要求されるゲームとなっています。

【TGS2014レポート】今年も個性的な作品が揃ってます---神奈川工科大学、バーコードハゲをスキャンする計算ゲーム「はげピッ!!ピッ!!」などを出展中3
指定時間内にどれだけ正解できたか最後に「領収証」としてスコアが表示されます。フォントといいデザインといい「ハゲマート」のネーミングといい細部までこだわった作品です。ちなみにゲームはUnityで、バーコードハゲのスキャンシステムはArduinoで開発されているそうです。

IMG_3218

IMG_3219

【TGS2014レポート】今年も個性的な作品が揃ってます---神奈川工科大学、バーコードハゲをスキャンする計算ゲーム「はげピッ!!ピッ!!」などを出展中5
なお、同校ではエプロン型のマーカーを使ったボディタッチリズムゲーム「レッツ!!スパンキング」とOculus Riftを使った節電カウボーイアクション「ワットラットラッシュ」も出展しています。本当は7チームの生徒作品が完成していたそうですが、残念ながら小間のスペースの都合上全てを出展することができず、特に高く評価された3チームの作品を出展しているとのこと。選りすぐられた個性的な生徒作品を是非体験してみて下さい。出展小間No.は5ホール「5-C19」です。

【TGS2014レポート】今年も個性的な作品が揃ってます---神奈川工科大学、バーコードハゲをスキャンする計算ゲーム「はげピッ!!ピッ!!」などを出展中9
3人のハゲオヤジが目印です。

-イベントレポート, レポート
-, ,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.