イベントレポート レポート

【レポート】秋田県とは思えないくらい若者がいっぱい! 「ニコニコ町会議 in 秋田県仙北市角館町」に行ってきた(前編)

更新日:

9月7日(日)、秋田県仙北市角館町にて動画サービス「ニコニコ動画」の世界を地上に再現する移動式文化祭「ニコニコ町会議 in 秋田県角館町『角館祭りのやま行事』」が開催されました。

【レポート】秋田県とは思えないくらい若者がいっぱい! 「ニコニコ町会議 in 秋田県仙北市角館町」に行ってきた1

ニコニコ町会議」とは、各地域で開催されているお祭りに合わせて”併設”という形で開催されているニコニコ動画のイベントです。開催地はユーザーからの応募をもとに決められますが、主に日本全国のそこそこ知られている田舎が選ばれることが多いようで、秋田県で開催されたのは今回が初めてでした。

■角館町ってどんなところ?
角館町は藩政時代の武家屋敷などの古い建造物が数多く残されている重要伝統的建造物群保存地区で、「みちのくの小京都」とも呼ばれている東北有数の観光地の一つです。特に武家屋敷と桜並木の組み合わせが評判で、毎年花見シーズンには県外のみならず海外からも多くの観光客が訪れます。ちなみに昨年「猫ちゃん」「オチョチョオチョチョ」でネット上の話題をさらった猫好きの佐竹敬久(のりひさ)秋田県知事の出身地でもあります(佐竹知事は角館を拠点とする佐竹北家の第21代当主)。

【レポート】秋田県とは思えないくらい若者がいっぱい! 「ニコニコ町会議 in 秋田県仙北市角館町」に行ってきた2
角館駅やその周辺もクラシックな外観に統一されています。

【レポート】秋田県とは思えないくらい若者がいっぱい! 「ニコニコ町会議 in 秋田県仙北市角館町」に行ってきた10
駅前にはこの日から三日間開催される角館のお祭り「角館祭りのやま行事」で使用される山車も展示されていました。

【レポート】秋田県とは思えないくらい若者がいっぱい! 「ニコニコ町会議 in 秋田県仙北市角館町」に行ってきた3

【レポート】秋田県とは思えないくらい若者がいっぱい! 「ニコニコ町会議 in 秋田県仙北市角館町」に行ってきた4

【レポート】秋田県とは思えないくらい若者がいっぱい! 「ニコニコ町会議 in 秋田県仙北市角館町」に行ってきた5

【レポート】秋田県とは思えないくらい若者がいっぱい! 「ニコニコ町会議 in 秋田県仙北市角館町」に行ってきた6
駅から5〜10分歩くとこのような江戸時代〜明治初期の武家屋敷の街並みが見えてきます。

ところが、秋田県は婚姻率全国ワースト1、出生率全国ワースト1、高齢者比率全国No.1、人口減少率全国ワースト1な”少子高齢化衰退先進県”で、さらに高齢者だけでなく働き盛りまで癌でガンガン死んでいるうえに(癌死亡率全国ワースト1)自殺者も多数(自殺率19年連続全国ワースト1)という未来もクソもないディストピアです。こんなところで若者向けのイベントを開催したところで、そもそも人間自体が少ないんだから動員・収益共に見込めるわけがありません。そのためか企業主催のイベントやアーティストのライブツアーに於いて、東北地域の中で秋田県だけを飛ばす”秋田スルー”も頻繁に行われています。まあビジネスなんだから収益性の低いところを飛ばすのは当然ではありますが。ということで、会場に行く前は「いくらニコ動のイベントとはいえ果たして来場者は集まるんだろうか…ショボい写真しか撮れなかったらどうしよう…」と心配していたのですが…

【レポート】秋田県とは思えないくらい若者がいっぱい! 「ニコニコ町会議 in 秋田県仙北市角館町」に行ってきた7
あの遥か先に見える人だかりは?

【レポート】秋田県とは思えないくらい若者がいっぱい! 「ニコニコ町会議 in 秋田県仙北市角館町」に行ってきた8
若者がたくさんいる!!!
(※まだ開場3時間前)

なんということでしょう!中学生〜高校生くらいと思しき若者達が行列を作って物販コーナーのオープンを待っているではありませんか。秋田県でこんなにもたくさんの若者を一度に見られる機会などそうそうありません。少子高齢化衰退先進県にとって子供・若者はレアメタル級に稀少な存在ですから。

【レポート】秋田県とは思えないくらい若者がいっぱい! 「ニコニコ町会議 in 秋田県仙北市角館町」に行ってきた9
会場の田町山駐車場の向かいにはこれまたクラシックなデザインの「仙北市角館交流センター」があり、出演者の楽屋や来場者の休憩所として使用されました。なお、最近の秋田県は連日過ごしやすい日が続いていたにもかかわらず、この日に限って角館は25°越えの夏に逆戻りしたかのような快晴。なので暑さをしのぐために開場までこの中で待っていた来場者も多数いました。

【レポート】秋田県とは思えないくらい若者がいっぱい! 「ニコニコ町会議 in 秋田県仙北市角館町」に行ってきた11
仙北市角館交流センターから待機列を見た図(※開場1時間半前)。もう秋田県中からありったけの若者がここに集結していたんじゃないでしょうか…この後、開場と同時に行列はもの凄い勢いで進み、BGMとして流れている小林幸子さんが歌う「ぼくとわたしとニコニコ動画 盆踊Remix」が聞こえるメインステージ付近に雪崩れ込みました。

【レポート】秋田県とは思えないくらい若者がいっぱい! 「ニコニコ町会議 in 秋田県仙北市角館町」に行ってきた12

ステージ上に出演者が勢揃いすると、拍手のように団扇をバンバン叩く音と共に「きゃあああああああ!!」「うおおおおおおおお!!」と歓声が響き渡りました。もはやちょっとしたフェス状態です。いつもはPCやスマホの画面の中にいる人達が秋田県まで来てくれて目の前にいるんですから、そりゃ嬉しいに決まってます。仙北市市長の門脇光浩さんも来場者の熱気に驚いたのか、つい「こんなに人多いの見たことない」と本音を漏らすほど。そして、なぜか「門脇光浩54歳100kgでございます!」と自己紹介する門脇市長のコミカルなキャラに会場もニコ生視聴者も盛り上がり、コメントと合わせて一斉に「かわいい〜」と声援を送る一幕も。その後テープカットが行われ、遂に「町会議in角館」が本格スタートしました!

【レポート】秋田県とは思えないくらい若者がいっぱい! 「ニコニコ町会議 in 秋田県仙北市角館町」に行ってきた13
(左より)MCの百花繚乱さん、やまだひさしさん、株式会社ニワンゴ 杉本誠司社長

【レポート】秋田県とは思えないくらい若者がいっぱい! 「ニコニコ町会議 in 秋田県仙北市角館町」に行ってきた14
出演者勢揃い!

【レポート】秋田県とは思えないくらい若者がいっぱい! 「ニコニコ町会議 in 秋田県仙北市角館町」に行ってきた15
仙北市市長の門脇光浩さん(54歳・100kg)。「今日から三日間角館のお祭りです。ニコニコ動画の皆さん、現実の山車のぶつけ合いも現場で見て頂ければありがたいと思います。帰らないでずっといて下さい!」と「角館祭りのやま行事」をアピールしていました。

■傍観者などいない!町会議の主役は参加者全員
会場には物販や飲食、アンケートコーナー、ワークショップ、射的、VR体験コーナー、ゲーム実況など様々なテントが設けられていますが、主役となるのは参加者自身。会場内では「歌ってみた」や「踊ってみた」などの参加型の催しが同時進行していきます。驚いたのは来場者の「傍観しなさっぷり」。R.A.B(リアルアキバボーイズ)による「町踊ってみたレッスン」にせよニコニコカー弐号機車内での「町お一人様カラオケ」にせよ来場者がどんどん参加しているうえにノリとテンションも天井知らずで、どのコーナーにも長蛇の列ができて途切れることがありません。全身フルでコスプレしている人も普通にいます。秋田県では企業主催のコスプレイベントなんて一切開催されていないというのに。写真では分かり辛いですが、来場者のあまりの熱気に土埃が舞い上がり会場全体がうっすら霞むほどでした。こんな光景は普段の秋田県では絶対に見ることはできません。

【レポート】秋田県とは思えないくらい若者がいっぱい! 「ニコニコ町会議 in 秋田県仙北市角館町」に行ってきた(前編)16
とても秋田県とは思えない人口密度

【レポート】秋田県とは思えないくらい若者がいっぱい! 「ニコニコ町会議 in 秋田県仙北市角館町」に行ってきた(前編)17
どこへ行っても行列

【レポート】秋田県とは思えないくらい若者がいっぱい! 「ニコニコ町会議 in 秋田県仙北市角館町」に行ってきた(前編)17

【レポート】秋田県とは思えないくらい若者がいっぱい! 「ニコニコ町会議 in 秋田県仙北市角館町」に行ってきた(前編)18
「町お一人様カラオケ」は14:00頃の段階で整理券配布終了

【レポート】秋田県とは思えないくらい若者がいっぱい! 「ニコニコ町会議 in 秋田県仙北市角館町」に行ってきた(前編)19
絵師さんによる「町集合似顔絵(描いてみた)」も15:00頃に受付終了。

【レポート】秋田県とは思えないくらい若者がいっぱい! 「ニコニコ町会議 in 秋田県仙北市角館町」に行ってきた(前編)20
福引き付きのアンケートもやろうと思っていたら福引きの景品が完売し15:00頃に撤収(各コーナーの出展時間は18:00まで)。みんな食い付き過ぎ!

後半レポートでは、私が実際にやってみたり見てみたりした各コーナーをより詳しくお伝えしたいと思います。

〜後半に続く〜

-イベントレポート, レポート
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.