ニュース 仮想空間

キヤノンITソリューションズ、実在の人物を仮想映像空間内に合成表示する人物合成映像システムを提供開始

投稿日:

キヤノンITソリューションズ、実在の人物を仮想映像空間内に合成表示する人物合成映像システムを提供開始

キヤノンITソリューションズ株式会社が、MR(Mixed Reality)システム「MREAL」(エムリアル)を使い、実在の人物全体を3D仮想映像空間内に正しい前後関係でリアルタイムに合成表示する人物合成映像システムの提供を開始した。

キヤノンITソリューションズ、実在の人物を仮想映像空間内に合成表示する人物合成映像システムを提供開始2

MR(Mixed Reality:複合現実感)とは、現実世界とCGをリアルタイムに違和感なく融合させる映像情報処理技術。同社ではMRシステム「MREAL」により、CGがあたかも目の前で現実世界に存在しているかのような臨場感を提供している。
今回リリースされたサービスは、このMREALを用いた設計レビューや作業性検証などの取り組みにおいて、実在の人物を仮想空間内で正しい位置関係で表示することで、体型・姿勢・動きなどを同時に把握し、より現実に近い検証作業を実現するというもの。ヘッドマウントディスプレイを装着したユーザーの視点による「主観映像」に加えて、その様子を外部定点カメラで俯瞰的に捉えた「客観映像」においても人物合成映像を表示できる。同社では住宅販売での顧客の身長などに合わせた住設機器の提案や、工場の生産設備設計における作業者の姿勢・動線シミュレーション、車両・大型機械設計での組立・整備性の検証などでの活用を想定しているとのことで、既に大和ハウス工業株式会社の戸建住宅体感施設「TRY家Lab」の「トライエ ヴァーチャル」に先行導入されているという。

キヤノンITソリューションズ、実在の人物を仮想映像空間内に合成表示する人物合成映像システムを提供開始3

キヤノンITソリューションズ、実在の人物を仮想映像空間内に合成表示する人物合成映像システムを提供開始4

-ニュース, 仮想空間
-,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.