アプリ ゲーム ニュース

Mutations Studio、CAMPFIREにてスマホ向けMOBAゲーム「WORLD WAR TITAN:FRONT LINE」の運営費と広告費を募集中

投稿日:

Mutations Studio、CAMPFIREにてスマホ向けMOBAゲーム「WORLD WAR TITAN:FRONT LINE」の運営費と広告費を募集中1

株式会社Mutations Studioが、マイクロパトロンプラットフォーム「CAMPFIRE」にて現在α版公開中のスマートフォン向けマルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(MOBA)ゲーム「WORLD WAR TITAN:FRONT LINE」(略称:WWT)の運営費と広告費を募集している。

Mutations Studio、CAMPFIREにてスマホ向けMOBAゲーム「WORLD WAR TITAN:FRONT LINE」の運営費と広告費を募集中2

MOBAとは、プレイヤーがそれぞれチームに分かれて相手チームを攻撃したり、他のチームとリアルタイムで協力して共通の敵と戦う形式のゲームで、リアルタイムストラテジーとバトル、アクション、RPGなど様々な要素を一度に楽しめるやり込み要素の強いジャンル。「WORLD WAR TITAN:FRONT LINE」は巨大な身体と壮絶なパワーを持つ「巨人」を主軸に据えており、その力を余すことなく発揮し、ただ進撃することのみに邁進する巨人を強化、誘導、護衛しながら敵陣を撃ち落としていくという内容で、退廃的でクールなアートワークも印象的なタイトルとなっている。
同社では500円〜10万円まで幅広い金額設定で支援を受け付けており、それぞれの金額に応じて特典を用意している。支援ページはこちら

また、Android端末を対象に現在もα版テストを実施しており、プレイヤーからゲームについての意見を募集している。α版テストへの参加方法についてはこちら

Mutations Studio、CAMPFIREにてスマホ向けMOBAゲーム「WORLD WAR TITAN:FRONT LINE」の運営費と広告費を募集中3

(C)Mutations Studio Co.,Ltd.

-アプリ, ゲーム, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.