ネクソン、米NYのゲームディベロッパーTURBO Studiosの新作タイトルの独占的グローバル配信権を取得

 

ネクソン、米NYのゲームディベロッパーTURBO Studiosの新作タイトルの独占的グローバル配信権を取得

株式会社ネクソンが、アメリカのゲームディベロッパーのTURBO Studiosのクロスプラットフォーム対応型新規ゲームのタブレット及びモバイルへのグローバル配信権を取得した。

TURBO StudiosはOMGPOP、Kabam、キュー・ゲームズ、CCP、Zynga、スクウェア・エニックス、ソニー、任天堂、マイクロソフト、Riot Games、ルーカス・アーツなどの大手ゲーム会社の出身者たちによって2013年に米ニューヨーク州ブルックリン区に設立されたばかりのスタートアップ。まだ名称やリリース時期などの概要は明らかにされていないが、現在同社の第一弾タイトルとなる新作ゲームを開発している。今回の契約締結に対し、ネクソン代表のオーウェン・マホニー氏は「ターボとネクソンは、プレイヤーの満足度最大化のために何よりもゲームの品質を重視しなくてはならないという姿勢を共有しています。今回の契約によって、ターボにとって第1作目となる現在開発中のゲームタイトルを、当社が世界中に提供できることを喜ばしく思います。ネクソンは今後とも、価値観を共有できるゲーム開発会社等と協力し、高品質なゲームタイトルを世界中のユーザーに提供していきます」とコメントしている。またTURBO Studios代表の石井洋平氏は、「今回の契約によって、ターボが誇る高いクリエイティビティーを、ネクソンのもつ優れたグローバルネットワークを活かし、世界中の人に楽しんでもらえることを非常に喜ばしく思います。ネクソンとのパートナーシップ締結により、世界中のより多くのプレイヤーに高品質なゲームタイトルを届けていきたいです。」とコメントしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket