ゲーム ニュース 仮想空間

Zynga、ソーシャルゲームシリーズ「~Ville」の最古タイトル「YoVille」の運営を元の発者であるBig Viking Gamesに移管 タイトルも「YoWorld」へ変更

投稿日:

Zynga、ソーシャルゲームシリーズ「~Ville」の最古タイトル「YoVille」の運営を元の発者であるBig Viking Gamesに移管 タイトルも「YoWorld」へ変更

米ソーシャルゲームディベロッパーのZyngaが、同社のソーシャルゲームシリーズ「~Ville」の最古タイトル「YoVille」の運営を元の開発会社であるBig Viking Gamesへ5月11日に移管すると発表した。

「YoVille」は自分のアバターを作って着せ替えをしたり、自分の家の模様替えをしたり、空間内の様々な場所で買い物やミニゲーム、他のユーザーとの交流が楽しめる2D仮想空間。もともとはBig Viking GamesがFacebook向けに開発・運営するタイトルだったが、2008年7月にZyngaが金額未公開で買収。以降同社はYoVilleを元にタイトルに「~Ville」を付けた各種ソーシャルゲームの提供を開始し、特に農業ゲーム「FarmVille」はソーシャルゲーム黎明期を代表するヒット作となりZyngaの名を一躍有名企業へと押し上げた。しかしZyngaは今年1月にレイオフの一環としてYoVilleのサービスを3月31日を以て終了すると発表した。すると古参ユーザーはこれに反発し、サービス終了を撤回するよう求め署名活動を展開。ZyngaとBig Viking Gamesはこれを受ける形でサービス継続のための協議を重ね、まずは3月31日のシャットダウンを一旦中止し、運営を元のBig Viking Gamesへ戻す形で移管を決定したという。なお、現在「~Ville」はZyngaのライセンスタイトルとなっているためサービス名称は「YoWorld」へと変更される。但しサービス内容そのものに大きな変更は無いとのこと。

-ゲーム, ニュース, 仮想空間
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.