アプリ ゲーム ニュース

ソニー・ミュージックエンタテインメントとフィラメント、「しりとり」で戦うスマホ向け新感覚格闘ゲーム「口先番長」をリリース

投稿日:

ソニー・ミュージックエンタテインメントとフィラメント、「しりとり」で戦うスマホ向け新感覚格闘ゲーム「口先番長」をリリース1

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントのソーシャルアプリプロジェクト「hubbub party」(ハバブパーティ)が、株式会社フィラメントと共同制作で「しりとり」で戦うスマートフォン向け新作ゲームアプリ「口先番長」のiOS版をリリースした。ダウンロードは無料

ソニー・ミュージックエンタテインメントとフィラメント、「しりとり」で戦うスマホ向け新感覚格闘ゲーム「口先番長」をリリース2

「口先番長」は、しりとりと格闘を融合した「口撃型」アクションワードパズルゲーム。収録ワードは50万語以上にものぼり、しりとりで使われる言葉は一般名詞はもちろん、人名、地名、商品名、ゲームやマンガ、音楽、映画のタイトルなど、固有名詞や専門用語、流行りの言葉や俗語、略語などありとあらゆる言葉が収録されており、「長い言葉は攻撃力が高い」「使える文字は毎回異なる25文字」「3文字以上の言葉でチェインボーナス発生」などのルールにより白熱したしりとりバトルが楽しめる。またランキングで他のプレイヤーが使っている言葉をチェックすることも可能。
今後両社ではAndroid版も提供予定で、現在ゲームの公式サイトにて事前登録受付を行っている。登録したプレイヤーには、特典としてレアアイテムがゲットできる「パンチングスロット」に必要なアイテム「ここぞのダイヤ」が10個プレゼントされる。登録はこちらから。

ソニー・ミュージックエンタテインメントとフィラメント、「しりとり」で戦うスマホ向け新感覚格闘ゲーム「口先番長」をリリース3

(c) filament Inc./ Sony Music Entertainment (Japan) Inc.

-アプリ, ゲーム, ニュース
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.