サイバーエージェントの新作恋愛カードゲーム「私のホストちゃんS」がドラマ化 演出・構成は鈴木おさむ氏が担当

 

新作恋愛カードゲーム「私のホストちゃんS」がドキュメンタリードラマ化 演出・構成は鈴木おさむ氏が担当

株式会社サイバーエージェントが、3月末に提供予定のスマートフォン向け恋愛カードゲーム「私のホストちゃんS」が鈴木おさむ氏の演出・構成によりドラマ化されると発表した。新ドラマ「私のホストちゃんS」はテレビ朝日にて2014年4月1日より毎週火曜深夜1:26~深夜1:56に放送(関東圏のみ)される。

「私のホストちゃんS」は、2010年12月のサービス開始以来女性を中心に約45万ユーザーが利用するモバイルゲーム「私のホストちゃん」と、2011年10月にサービス開始したスマートフォン向けゲーム「私のホストちゃん~club vanilla編~」をカードゲームとして新たにリニューアルしたタイトル。プレイヤーはホストクラブのオーナーとなり、ホストの育成を進めたり、スカウトや仕事で出会ったホストとのストーリーを進めながらライバルのオーナーとバトルを行い、自身のホストクラブを発展させていく。
ドラマ版「私のホストちゃんS」は、ゲーム「私のホストちゃんS」を原作にしたドラマで、2011年に放送された前作「私のホストちゃん~しちにんのホスト~」同様、人気放送作家・鈴木おさむ氏が構成、演出を担当する。東京・歌舞伎町にある傾きかけたホストクラブを舞台に、新たなオーナーの女性とホストたちが共に奮闘しながらストーリーを展開していくという内容で、ドラマ内では原作ゲームに登場するイケメンホストがドラマ内で同じホストとして出演するほか、「アメーバスタジオ」で特別番組の放送やドラマ内の台詞や事件をゲーム内でクイズとして出題するなど、ドラマとゲームのコラボレーション企画を行うという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket