国土地理院、3Dプリンタで出力可能な地形データを配布する「地理院地図3D」をオープン

 

国土地理院、3Dプリンタで出力可能な地形データを配布する「地理院地図3D」をオープン

国土交通省 国土地理院が、「地理院地図」にて3Dプリンタで出力できる日本の地形データを無償公開するサイト「地理院地図3D」をオープンした。

国土地理院では、これまで国の基本的な情報を2万5千分1地形図や電子地形図25000等として刊行するとともに「地理院地図」にて公開してきた。「地理院地図3D」は「地理院地図」から配信している地図データ(地理院タイル)と標高データ(標高タイル)を利用して、Web上で誰でも簡単に日本全国の地形データを360°どの方向からも閲覧できるというもので、データは3Dプリンタで出力できるSTL形式やVRML形式で取得できる。取得方法の詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket