東大発ベンチャーのAgIC、家庭用プリンタで作れる電子回路作成キット「AgIC Print」の開発資金をKickstarterで募集中

 

東大発ベンチャーのAgIC、家庭用プリンタで作れる電子回路作成キット「AgIC Print」の開発資金をKickstarterで募集中1

AgIC株式会社が、銀ナノ粒子インクを利用して市販の家庭用プリンタで電子回路を簡単に印刷できる「AgIC Print」キットを開発し、クラウドファンディングプラットフォーム「Kickstarter」にて開発資金の募集を開始した。

東大発ベンチャーのAgIC、家庭用プリンタで作れる電子回路作成キット「AgIC Print」の開発資金をKickstarterで募集中2

AgICは東京大学の川原圭博准教授(AgIC社の技術アドバイザー)の研究成果をベースに銀ナノインクを用いた電子回路のプリント技術を事業化し2014年1月に設立された企業。「AgIC Print」は、東京大学の川原圭博准教授の研究成果をベースに銀ナノインク、専用の印刷用紙、LEDやスイッチなどの部品をまとめてキット化したもので、Kickstarterでプロジェクトを公開して事前予約を行い、8月頃に製品出荷を予定している。目標金額は3万ドルで、同社では資金募集と併せて3月9日〜12日に米テキサス州オースティンで開催される音楽・映画・インタラクティブの祭典「サウス・バイ・サウスウェスト2014」(SXSW2014)のトレードショーにもデモ展示する。

東大発ベンチャーのAgIC、家庭用プリンタで作れる電子回路作成キット「AgIC Print」の開発資金をKickstarterで募集中3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket