サイバーエージェント、オウルデータを買収し商号をRightSegmentに変更

 

サイバーエージェント、オウルデータを買収し商号をRightSegmentに変更1

株式会社サイバーエージェントが、2014年2月17日付けで株式会社オウルデータの発行済み株式を取得し、連結子会社化する共に同社の商号変更及び役員異動を実施した。

オウルデータは多くのDSPやアドネットワークなどと接続が可能なDMPを提供している企業で、サイバーエージェントでは今回の連結子会社化に伴いオウルデータの社名を「株式会社RightSegment」に変更し、今は企業の広告効果の最大化やメディアの収益最大化が可能なマルチデバイス対応のプライベートDMP「RightSegment」としてサービスの提供を行っていくとのこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket