カブク、3Dプリンタを使ったデジタルものづくりの解説書「3Dプリンター実用ガイド」を発売

 

3Dプリンター実用ガイド

株式会社カブクが、3Dプリンタを使ったデジタルものづくりを行うための実用的な解説書「3Dプリンター実用ガイド」を出版した。価格は2,625円(税込)。

「3Dプリンター実用ガイド」は、個人が3Dプリンタを使ったデジタルものづくりを行うための実用的な知識とノウハウを提供し、プロダクト企画(アイデア出し)から設計(モデリング)、造形(3Dプリント)、プロダクト販売まで、ものづくりの工程全体をカバーしている書籍。これから3Dプリンタを利用してものづくりを始めようという人が、それなりの複雑さを持ったプロダクトを作成できるようになるまでの具体的な方法が詳しく説明されているほか、カブクが提供する3Dプリントものづくりマーケット「rinkak」を活用したプロダクトの利用方法や販売方法の解説もある。本書の主な内容は以下のとおり。

・プロダクトのアイデアをどのように発想するか
・3D CADソフトのインストール
・簡単な形状の3Dモデルの作成方法
・いくつかの形状を組み合わせた複雑な形状の3Dモデルの作成方法
・素材の選び方
・3Dプリントのためのデータ制作のポイント
・3Dプリンターの特性、具体的な使用方法、トラブルシューティング
・インターネットサービスを活用した試作や販売

3Dプリンター実用ガイド
3Dプリンター実用ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket