ディズニー、子供向け仮想空間「Club Penguin」のiPad版をリリース

 

ディズニー、子供向け仮想空間「Club Penguin」のiPad版をリリース1

米ディズニーが、同社が提供中の子供向け仮想空間「Club Penguin」のipadアプリ版をリリースした。ダウンロードは無料だが、現時点では日本からは利用できない。

ディズニー、子供向け仮想空間「Club Penguin」のiPad版をリリース2

「Club Penguin」は2005年10月よりサービスを行っている6〜14歳の子供を対象とした2D仮想空間。ユーザーはペンギンのアバターをカスタムして着せ替えをしたり、アイスドーム風の自分の部屋を模様替えしたり、様々なミニゲームで遊んだり、他のユーザーとのコミュニケーションが楽しめる。累計アカウント数は約2億人で、現在も700万人のアクティブユーザーを有する世界の主要な子供向け仮想空間の一つとされている。
今回リリースされたiPad版はほぼ全ての機能をカバーしており、操作方法は全てタッチスクリーンに最適化されている。現時点で5カ国語サポートにも対応しており、190ヵ国・地域に向けて配信されている。なお、アプリ自体のダウンロードは無料で、サービス内で有料のプレミアムアカウントにアップグレードすることでさらに多くの機能を利用することができる。

ディズニー、子供向け仮想空間「Club Penguin」のiPad版をリリース3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket