AR ニュース

キヤノン、12月にMRシステムの新製品として手持ち型ディスプレイ「MR ハンドヘルドディスプレイ MREAL HH-A1」を発売

投稿日:

キヤノン、12月にMRシステムの新製品として手持ち型ディスプレイ「MR ハンドヘルドディスプレイ MREAL HH-A1」を発売1

キヤノン株式会社が、現実映像とデジタルデータをリアルタイムに融合するMR(Mixed Reality:複合現実感)システム「MREAL」の新製品として手持ち型ディスプレイ「MR ハンドヘルドディスプレイ MREAL HH-A1」(以下HH-A1)と、新たなソフトウエア「MREAL Platform MP-110」を12月中旬に発売すると発表した。

キヤノン、12月にMRシステムの新製品として手持ち型ディスプレイ「MR ハンドヘルドディスプレイ MREAL HH-A1」を発売2

同社では2012年7月に頭部装着型の「MR ヘッドマウントディスプレイ MREAL HM-A1」(以下HM-A1)をリリースしていたが、今回発表された「HH-A1」はより手軽に「MREAL」を利用することができる手持ち型タイプとなる。手に持って見ることができるため、ショールームや展示会など多人数が利用するシーンにて利用可能。また新たなソフトウエアの導入により、位置合わせ専用のカメラを“HH-A1”の上部に装着することで「MREAL マーカー」による位置合わせの範囲が拡大するほか、カーペット状のマーカーを用いることでシステムをセットアップする時間を大幅に短縮でき、場所を選ばずにシステムを構築することができる。また、キヤノンのネットワークカメラ「VB-H41」を利用すれば、現実映像とデジタルデータが合成された映像を客観的に見ることもできる。

-AR, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.