イベントレポート レポート

【TGS2013レポート】コンソール向けタイトル並みのクオリティをスマホ向けタイトルでも---開発スタッフが「サーガ・オブ・ファンタズマ」の魅力を語る

更新日:

【TGS2013レポート】コンソール向けタイトル並みのクオリティをスマホ向けタイトルでも---開発スタッフが「サーガ・オブ・ファンタズマ」の魅力を語る1

昨年の東京ゲームショウ2012のグリーステージにて、”隠し玉”的に美麗グラフィックのスマートフォン向け新タイトル「Project Fantasm:A」が電撃発表されました。それから約一年後、本作は「サーガ・オブ・ファンタズマ」とタイトルを変え一部機能を制限したβ版として先行配信されています。そこで今回グリー株式会社では、同社ブース内ステージにて提供開始後の本作を改めて語り合うトークセッション『開発スタッフが「サーガ・オブ・ファンタズマ」の魅力を語る』を開催しました。登壇したのは開発・運営を担当する同社クリエイティブディレクターの土田俊郎、同社プロデューサーの荒川健氏、株式会社パオン開発プロデューサーの鈴木進一氏で、モデレーターはゲームジャーナリストの新清志氏が担当しました。

【TGS2013レポート】コンソール向けタイトル並みのクオリティをスマホ向けタイトルでも---開発スタッフが「サーガ・オブ・ファンタズマ」の魅力を語る2

「サーガ・オブ・ファンタズマ」は、迫力あるリアルタイム3D映像や美麗を極めるレンダリングムービーなどスマートフォンの表現力を最大限に追求した”3DシネマティックRPG”です。魔力を司る精霊と様々な種族が生きる世界(ノイント)を舞台に、記憶を失くした一人の青年が謎の少女との出逢いをきっかけに自らの宿命と世界の運命に導かれていく壮大な物語を描いています。プレイヤーは主人公を操作してクエストマップでクエストをこなしつつ精霊カードを集めてバトルを重ね、様々な場所に冒険に出かけていきます。このプレイの流れは一見これまでのカードバトル系ソーシャルゲームと同じに見えるかもしれませんが、決してそれだけではない新たな魅力が本作にはあるようです。

■従来のソーシャルゲームとJ-RPGの融合
まずはじめに新氏は、従来のソーシャルゲームがシンプルでカジュアルな作品が中心だったのに対し、今年以降コンソール向けタイトルと遜色ないクオリティのソーシャルゲームが増えていることを指摘。続けて「『サーガ・オブ・ファンタズマ』はコンソール向けタイトルのJ-RPGと同じ感覚で、非常にリッチなゲームコンテンツという印象を受けました」とコメントしました。これに対しグリー土田氏は「ゲームの流れ自体はソーシャルの文法で作っていますが、その中でバトルに戦略性を持たせたり、勝てない状況からどうすれば勝てるのかというコンソール向け時代の文法も思い出しながら開発しているので、ユーザーの皆さんにJ-RPGをお届けできるという手応えを感じています」と、ソーシャルゲームとJ-RPGの融合を実現した自信を語りました。続けて荒川氏も「グラフィックは全て3Dポリゴンで制作し、ストーリーと世界観もしっかりしたものになっており、登場人物にストーリー性を持たせるために実力派声優さん達にボイスを担当してもらっています」とアピールしました。

【TGS2013レポート】コンソール向けタイトル並みのクオリティをスマホ向けタイトルでも---開発スタッフが「サーガ・オブ・ファンタズマ」の魅力を語る3
グリー株式会社クリエイティブディレクター 土田俊郎氏

【TGS2013レポート】コンソール向けタイトル並みのクオリティをスマホ向けタイトルでも---開発スタッフが「サーガ・オブ・ファンタズマ」の魅力を語る4
グリー株式会社プロデューサー 荒川健氏

■ 開発期間は1年超え!コンシューマ出身開発者も多数参加
このように従来のソーシャルゲームとは一線を画すハイエンドなタイトルのため、開発チームには多くのコンシューマ出身の開発者が多く関わっているとのこと。しかしそれでも完成までのハードルは高く、グリー外から開発に携わっているパオン鈴木氏は「最初に依頼された時は、あまりにも要求のハードルが高くスマートフォンで果たして実現できるかどうか心配でした。しかし一切妥協せず細かいバランスも調整して完成までに至りました」と苦労を語りました。この”こだわり”のためβ版完成まで開発期間は1年半にもなったとのこと。ハードルが上がった理由の一つは”こだわり”で、土田氏は「スマートフォンの表現力の限界に挑むのなら作り込みも中途半端にはできません。グラフィックもストーリーも妥協せずに作り込むのであればバトルもしっかり見せないといけないと思い、いろいろと機能追加した結果、それだけ開発期間もかかりました」と語りました。

【TGS2013レポート】コンソール向けタイトル並みのクオリティをスマホ向けタイトルでも---開発スタッフが「サーガ・オブ・ファンタズマ」の魅力を語る5
株式会社パオン開発プロデューサー 鈴木進一氏

■ゲームが縦画面なのはなぜ?
ところで「サーガ・オブ・ファンタズマ」はスマートフォン向けのフル3Dタイトルとしては珍しくゲーム画面が縦になっています。普通なら横画面の方が視野も広くプレイもしやすいと思うのですが、なぜ本作は縦なのでしょうか?それについて鈴木氏は「通勤途中の電車内でも片手でプレイしてもらいたかったのがその理由です。また、キャラクターと敵を一緒の画面でアップ表示できるようにもなり、カードの扱い方や組み合わせなども考えた結果、縦の方がこのゲームらしくなりました」と、縦画面ならではの要素を説明しました。

■近日中に大型アップデートを実施
なお、気になる本作の正式サービスの開始時期ですが、荒木氏によれば「もう少し時間を頂きたいと思っています」とのこと。その代わり今月中を目処に大型アップデートが実施される予定で、新エリアや新モード「スナイパーモード」、新ボスの解放及びストーリーのエンディング解放も行われるそうです。さらに2013年10月より人気イラストレーターの天野喜孝氏がカードのアートワークを担当するハロウィン・イベントも開催されることがサプライズ発表されました。

【TGS2013レポート】コンソール向けタイトル並みのクオリティをスマホ向けタイトルでも---開発スタッフが「サーガ・オブ・ファンタズマ」の魅力を語る6

そして最後に三者それぞれプレイヤーに向けたメッセージを語りセッションを締めくくりました。

「『サーガ・オブ・ファンタズマ』はカードバトルRPGの正統進化型の作品です。且つ間口が広く遊びやすい内容になっているほか、やり込めばやり込むほどハマるやり応え十分なタイトルになっているので是非遊んでみて下さい」(鈴木氏)

「家庭用ゲーム機で遊んでいる方達がそのまま自然に楽しめるJ-RPGができました。β版をプレイして頂いている方も、もうすぐエンディングが解放されますので是非続きをプレイしてみて下さい」(土田氏)

「コンシューマやスマートフォン向けゲームでも数年前から海外ゲームが伸びてきています。私自身もそれらで遊びますが、やはり本作を通してJ-RPGの良さを伝えていきたいと思います。プレイヤーの皆さんにも本作について議論して頂ければ幸いです」(荒川氏)

-イベントレポート, レポート
-, , , ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.