LINE、NAVERに不正アクセスした人物を特定しデータを削除

   2013/08/04

LINE、NAVERに不正アクセスした人物を特定しデータを削除

8月2日、LINE株式会社が同社が運営するNAVERサービス(NAVERまとめ、Nドライブ、NAVER Photo Album、pick、cafe)の会員情報(NAVERアカウント)に不正アクセスした人物を特定し、流出した情報を削除したと発表した。

NAVERサービスへの不正アクセスは7月18日に発覚したもので、同社ではこの時点で日本国内で提供しているNAVERサービスのアカウント169万2,496件分のIDとメールアドレス、ハッシュ化されたパスワードが流出した可能性があることを発表していた。
なお、同社によれば不正アクセスをしたのは国外の人物で、現地警察と連携して検証し特定したとのこと。流出したデータは既にスタッフ立ち会いのもとで削除したという。なお、データの改竄や第三者への提供の痕跡は確認されなかったとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket