AMoAd、8月下旬よりWebとアプリを横断したスマホ向けリターゲティング広告を提供

 

AMoAd、8月下旬よりWebとアプリを横断したスマホ向けリターゲティング広告を提供

株式会社AMoAdが、スマートフォン/タブレット向けリターゲティング広告にてWebとアプリを横断したリターゲティングプロモーションを開始した。

リターゲティング広告とは、広告主サイトへの訪問履歴を基に購買や申し込み前に離脱したユーザーに対して適切な情報を提供することで、広告主サイトへの再来訪を促すプロモーション手法。これまで国内のスマートデバイス向けリターゲティング広告において、アプリとWebを横断してユーザーをターゲティングすることは技術的に困難だったが、今回同社独自のマッチングエンジンを活用することで、iOSとAndroidの両OSにてアプリとWebを横断したリターゲティング広告プロモーションが可能となった。これにより、今後はWebへのユーザー訪問履歴を元に、アプリインストールやWwbでの購買や申し込みなど企業のニーズに合わせた成果地点を設定し、Webとアプリを横断して最適な広告を表示できるようになる。なお、現時点で国内で同リターゲティングが可能なアドプラットフォームはAMoAdのみとのこと。同社では8月下旬より広告配信を予定しており、2013年内に400社以上の導入を見込んでいるとのこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket