イベントレポート レポート

【Japan Expoレポート】21世紀のジャポニスム現象 フランス人アーティストの作品いろいろ

投稿日:

【Japan Expoレポート】21世紀のジャポニスム現象 フランス人アーティストの作品いろいろ1

【Japan Expoレポート】21世紀のジャポニスム現象 フランス人アーティストの作品いろいろ2

【Japan Expoレポート】21世紀のジャポニスム現象 フランス人アーティストの作品いろいろ3

Japan Expoには企業や団体のブースだけでなく、個人の同人作家やアーティストの出展エリアもあります。それぞれ同人誌や服飾雑貨、イラストなど作品ジャンルやブース面積、作品販売価格により分類されているのですが、どれもまるで日本のコミックマーケット(コミケ)やデザインフェスタ(デザフェス)のよう!手描きイラストや手作りのアクセサリーを販売したり、オリジナルのボードゲームで試遊できたり、メイドカフェがあったり、似顔絵を書いたりと内容も様々。同人誌はオフセット印刷とコピー誌の2種類があり日本とさほど変わりません。

【Japan Expoレポート】21世紀のジャポニスム現象 フランス人アーティストの作品いろいろ12
2ブース分を使った手作りメイドカフェ。メイドさんの人種がバラバラなところがヨーロッパならではという感じです。

【Japan Expoレポート】21世紀のジャポニスム現象 フランス人アーティストの作品いろいろ4

【Japan Expoレポート】21世紀のジャポニスム現象 フランス人アーティストの作品いろいろ5

【Japan Expoレポート】21世紀のジャポニスム現象 フランス人アーティストの作品いろいろ6

【Japan Expoレポート】21世紀のジャポニスム現象 フランス人アーティストの作品いろいろ7

【Japan Expoレポート】21世紀のジャポニスム現象 フランス人アーティストの作品いろいろ8

【Japan Expoレポート】21世紀のジャポニスム現象 フランス人アーティストの作品いろいろ9

【Japan Expoレポート】21世紀のジャポニスム現象 フランス人アーティストの作品いろいろ10

【Japan Expoレポート】21世紀のジャポニスム現象 フランス人アーティストの作品いろいろ11
↑ブースはこんな感じ。だいたいどこも長机1本分のスペースか1坪くらいのスペースで、本当にデザフェスのようです。お店番もほとんどが作品を作ったアーティスト本人で、中には英語や日本語を喋れる人もいるので直接作品について話を聞くことができヨーロッパ人のリアルな物作りに触れることができます。

【Japan Expoレポート】21世紀のジャポニスム現象 フランス人アーティストの作品いろいろ13

【Japan Expoレポート】21世紀のジャポニスム現象 フランス人アーティストの作品いろいろ12

【Japan Expoレポート】21世紀のジャポニスム現象 フランス人アーティストの作品いろいろ14

【Japan Expoレポート】21世紀のジャポニスム現象 フランス人アーティストの作品いろいろ29

【Japan Expoレポート】21世紀のジャポニスム現象 フランス人アーティストの作品いろいろ30

【Japan Expoレポート】21世紀のジャポニスム現象 フランス人アーティストの作品いろいろ31
価格相場は、ポストカードやシールが1ユーロ(約129円)、コピー誌が2〜3ユーロ(約259〜388円)、オフセット誌が5ユーロ〜(約648円〜)、大判直筆イラストが5〜10ユーロ(約648〜1296円)といったところ。

【Japan Expoレポート】21世紀のジャポニスム現象 フランス人アーティストの作品いろいろ15

【Japan Expoレポート】21世紀のジャポニスム現象 フランス人アーティストの作品いろいろ16

【Japan Expoレポート】21世紀のジャポニスム現象 フランス人アーティストの作品いろいろ17

【Japan Expoレポート】21世紀のジャポニスム現象 フランス人アーティストの作品いろいろ18

【Japan Expoレポート】21世紀のジャポニスム現象 フランス人アーティストの作品いろいろ19

【Japan Expoレポート】21世紀のジャポニスム現象 フランス人アーティストの作品いろいろ20

【Japan Expoレポート】21世紀のジャポニスム現象 フランス人アーティストの作品いろいろ21

【Japan Expoレポート】21世紀のジャポニスム現象 フランス人アーティストの作品いろいろ22
日本風スイーツデコもすっかりフランスに定着したようです。

ほとんどの作品は「いかにも日本の影響を受けているな」という作風でしたが、中にはもはや日本の影響など一切関係なく普通に上手いレベルまで到達している作品もあり、「デザフェスやコミケに来ても十分通用する!」「もう日本とか関係なく早く何か仕事取った方がいいよ!」と言いたくなる人もいました。それはフランスのバンド・デシネ(フランスのマンガ)風でもなければ日本風でもなく、またそのどちらをも内包している新たなスタイルで、物作りに於いて急速な化学反応が起こっていることが伺えました。

【Japan Expoレポート】21世紀のジャポニスム現象 フランス人アーティストの作品いろいろ23

【Japan Expoレポート】21世紀のジャポニスム現象 フランス人アーティストの作品いろいろ24

【Japan Expoレポート】21世紀のジャポニスム現象 フランス人アーティストの作品いろいろ25
羊毛を使ったゴシック風&スチームパンク風の手縫いのお人形。顔は1つ1つ全部アクリル絵の具で手描き!

【Japan Expoレポート】21世紀のジャポニスム現象 フランス人アーティストの作品いろいろ26
やおい(BL)と百合が完全にフランスに定着している件について。11月にリヨンでやおい&百合限定同人誌即売会があるとか(しかも2Days!)。

【Japan Expoレポート】21世紀のジャポニスム現象 フランス人アーティストの作品いろいろ27
ガチムチBLサークルでゲイのギークのための東京観光ガイド本を購入。外国人の視点からの東京観光案内は新鮮です。

【Japan Expoレポート】21世紀のジャポニスム現象 フランス人アーティストの作品いろいろ28
エアブラシと筆で素晴らしいライブペイントを披露するイラストレーター。数時間でほぼ等身大サイズの絵を仕上げてしまいました。

このフランスにおける日本ブームと物作りの現場で起こっているムーヴメントは、かつて19世紀のフランスの芸術界に巻き起こったジャポニスム(Japonisme)に近いのではないでしょうか。マネ、ロートレック、ドガ、ルノワール、モネ、ゴッホ、ゴーギャン、クリムトら印象派の画家達が浮世絵を始めとする日本美術に影響され、キャンバスに新たな色彩とスタイルを持ち込んだように、21世紀のアーティスト達が今またフランスと日本のポップカルチャーを融合させた新たな作品を生み出している。そう考えると、我々はアートの革新の現場に立ち会っていると言えるのかもしれません。

-イベントレポート, レポート
-, , , , ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.