ゲーム ニュース

Zyngaの共同設立者が元Zynga社員が立ち上げたソーシャルゲームディベロッパーBee Cave Gamesに合流

更新日:

Zyngaマフィアが集結? Zyngaの共同設立者が元Zynga社員が立ち上げたソーシャルゲームディベロッパーBee Cave Gamesに合流

Zyngaの共同創設者のEric Schiermeyer氏が、エンジェル投資家及びボードアドバイザーとして米テキサスに拠点を置くソーシャルゲームディベロッパーのBee Cave Gamesに加わった。

Bee Cave Gamesは米大手ソーシャルゲームディベロッパーのZynga昨年10月に行った大量レイオフで解雇されたスタッフが新たに立ち上げたスタートアップ。設立メンバーの大半が大幅縮小されたZyngaオースティンスタジオの元社員で、会社の所在地もそのままオースティンにあり、Facebookにて第一弾タイトルとなるソーシャルカジノゲーム「Blackjack Casino」を運営している。なお、同社CEOのErik Bethke氏は以前韓国にてヴァーチャルペット育成ゲーム「GoPets」を運営しており、2009年11月に同サービスをZyngaに売却して同社に加わった経歴を持つ。残念ながら昨年10月のレイオフでZyngaを去ることとなったが、その直後に同氏としては2つ目の会社となるBee Cave Gamesを立ち上げた。
Eric Schiermeyer氏は2007年にMark Pincus氏らと共にZyngaを立ち上げたメンバーの1人で、当時のZyngaの看板タイトル「Texas Hold’em Poker」(現Zynga Poker)のチームを率いた人物。またBethke氏にGoPetsをZyngaに売却するよう説得した人物でもある。今回のBee Cave Gamesへの合流は当時からの交流によるもので、今後資金援助を行うと共にソーシャルカジノゲームの開発・運営についてアドバイスを行っていくとのこと。

-ゲーム, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.