アプリ ゲーム ニュース

せっかく2億1000万ドルで買収したのに…Zynga、人気お絵描きソーシャルゲーム「Draw Something」開発のOMGPOPもレイオフ対象に

投稿日:

 

Tech系メディアのMashableが伝えるところによれば、スマートフォン向けの人気お絵描きソーシャルゲーム「Draw Something」の開発・運営を行っているOMGPOP先日発表された米大手ソーシャルゲームディベロッパーZyngaのレイオフの対象となり、既に多くのスタッフが解雇されているという。

OMGPOPは米ニューヨークに拠点を置くソーシャルゲームディベロッパーで、スマートフォン上で”お絵描き”をして友達同士で絵の題材を当てっこするソーシャルゲームアプリ「Draw Something」の開発会社として知られている。同タイトルはリリースから1ヶ月で3500万ダウンロードを突破するヒット作となり、それを受けて2012年3月に2億1000万ドルという破格値でZyngaに買収され、以後はZyngaのニューヨークスタジオとして引き続きゲームの開発・運営を行ってきた。ところがそれからわずか1年3ヶ月足らずでレイオフの対象となり事実上閉鎖が決定。「Draw Something」に携わってきた多くの開発者も解雇されているが、「Draw Something」及び「Draw Something 2」が今後どうなるかはまだ明らかにされていない。

250円
(2013.06.05時点)
posted with ポチレバ

250円
(2013.06.05時点)
posted with ポチレバ

-アプリ, ゲーム, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.