AR ニュース

3Dのだまし絵がさらに面白く! ARでストリートアートを拡張

投稿日:

3Dのだまし絵がさらに面白く! ARでストリートアートを拡張

路上や壁に”だまし絵”のような3Dアートを描くオランダ人アーティストのLeon Keerさんが、自分の作品とAR(拡張現実)を組み合わせて作品を”拡張”するプロジェクト「4D street ARt」を行っている。

このプロジェクトは、Keerさんの作品の一部分をARマーカーにし、それをスマートフォン向けARアプリ「Junaio」を起動した端末のカメラで見ると元の作品の上に新たなアニメーション付きの3DCGが表示されるというもの。AR表示される3DCGは元となるKeerさんの作品の下絵をあらかじめ3Dデータ化した上で製作されているので、端末の画面上で表示された際も作品とピッタリ連動し自然に見えるようになっている。

無料
(2013.05.02時点)
posted with ポチレバ

-AR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.