LINE Playの企業公式アバタールームへの訪問者数が1000万人を突破! 公開からわずか10日で達成

 

LINE Playの企業公式アバタールームへの訪問者数が1000万を突破! 公開からわずか10日で達成

LINE株式会社が、同社が運営するスマートフォン向け無料通話・メールアプリ「LINE」に対応したアバターコミュニティアプリ「LINE Play」にて、企業とのタイアップによる公式アバタールームへの訪問者数が1000万人を突破したと発表した。企業公式アバター公開からわずか10日での達成となった。

「LINE Play」は、自分のアバターを設定して着せ替えやマイルームの模様替えを楽しんだり他のユーザーとコミュニケーションができるスマートフォン向けの2D仮想空間アプリ。2012年11月21日にプレオープン同年12月18日より正式サービスを開始したが、既にその間に100万ユーザーを獲得する人気ぶりで、さらに正式オープンから1ヶ月強で200万ユーザーを突破した。その後NHN Japanは20月20日に海外ユーザー向けに英語版LINE Playをオープン。それで弾みがついたのか、それからわずか2週間足らずで600万ユーザーを突破した
企業公式アバターとは、同社が先月末より公開している企業・ブランドとのタイアップによるプロモーション用のアバターのこと。企業はLINE Playのアバターコミュニティ内に自社独自のアバター(キャラクター)・ファッション・インテリアを用いた専用ルームを開設し、ルームを訪れたユーザーに企業のブランド・世界観を体験してもらうことができ、さらに「ガチャ」を通じて限定アイテムを配布(全15種類)できる。同社では今回の訪問者数1000万人突破を記念し、公式ルームのガチャプレイ価格が50%オフになるキャンペーンを4月12日24:00まで開催する。企業向け「LINE Playアバタータイアップ」への問い合わせはこちらから。

無料
(2013.04.10時点)
posted with ポチレバ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket