ワーナー・ブラザーズ、サンフランシスコにソーシャルゲームゲーム開発スタジオを開設

 

ワーナー・ブラザーズ、サンフランシスコにソーシャルゲームゲーム開発スタジオを開設

映画会社のWarner Bros. Entertainmentが、米サンフランシスコにゲーム開発スタジオ「WB Games San Francisco」を開設したと発表した。

Warnerは既にを米カリフォルニア州に拠点を置くソーシャルゲームディベロッパーのKabam戦略的投資を行っており、Warner代表のKevin Tsujihara氏はkabamの取締役会にも加わっている。またkabamは映画「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズを題材にしたソーシャルゲームを2タイトル開発・提供している。しかし今後Warnerは「WB Games San Francisco」にて自社でもIPを活用したゲーム開発を行っていくとのこと。ただしコンソール向けタイトルではなく基本プレイ無料のモバイル向けゲームアプリとWebブラウザ向けソーシャルゲームを専門に開発・提供していくという。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket